スポンサードリンク

rtr4g5454

どうも、ゴルフ侍トシです。

 

福岡の自宅からです。

今回のテーマは【6番アイアンをうまく打つためのコツ】についてお伝えしていきます。

よく7番アイアンまでは思ったように打つことができるけど、6番アイアンから思うように打てなくなるという人は多いです。

シャフトが長くなってくるとうまく打つことができなくなる。というゴルフ初級者の悩みですね。

7番アイアンまではイメージが沸くけど、6番を持ったらイメージが沸かなくなるという事ですね。

また、6番を持ったら自信がないので「うまく当たってくれたらいいなー」というようなちょっとした神頼み的な感じになるという人です。

では、内容に入っていきます。

 

アドレスのボール位置を考える

6番アイアンの場合はアドレスのスタンスの真ん中にボール位置をもってくるのではなくて、真ん中よりも若干左足寄りになります。

6番アイアン真ん中にボール位置をセットしている人の多くがハンドファーストではなくて、ハンドレイトのアドレスになっている場合が多いです。

アドレスの手元の位置を考えたときに6番アイアンでボール位置というのはスタンスの真ん中よりも若干左足寄りになるのが自然です。

こうすることによって、手元が後ろに下がってハンドレイトになることはないです。

若干のハンドファーストの形でアドレスるということが大事です。

次に

バックスイングで体と腕を同調させる

バックスイングを上げていき、トップでクラブを担ぐような形になっている人をよく見かけます。

クラブを担ぐ、もしくはしょい込むという表現の方が分かりやすいかもしれませんが、こういうい形になっているとダウンスイングでコックをほどくタイミングがずれやすくなり、ダフリにつながることが増えます。

なのでこれをなくすためには、手元を体の遠くにバックスイングで上げるように意識してください。

こうすることによってマイルド(ゆるやかなダウンブローの入射角)に当てに行きやすくなります。

後はスイングの店舗なども大事で、少しゆっくり振るという意識があるといいです。

シャフトが長くなるとどうしてもスイングの店舗を上げたくなる気持ちはわかりますが、気持ち的にゆっくり振るぐらいでちょうどいいです。

次に、

ボールの先に意識を持って振る

スイングプレーンがVの字気味になる人は上からクラブを入れすぎているのでフォローで左ひじが引けるタイミングが早くなりますので、窮屈なフォローになってしまいます。

なので、クラブの入射角を緩やかなダウンブローにするためにはフォローでヘッドが目標方向へ放り出されるような形になるといいです。

この形を作っていけたらスイングアークが大きくなって、飛距離も出しやすくなります。

 

 

バックスイングのトップの位置で左ひじが曲がりすぎて手元が体の近くにありすぎると肩の入りが浅くなるのでこれではスイングの入射角がVの字になりやすいですのでトップで手元の位置が遠くにあるように意識する。

 

これらのことを6番アイアンがうまく打てないという場合は参考に練習してみてください。

どのクラブでも大きくゆっく入りを意識してスイングするとフォローを長く大きく取っていくことができるようになります。

自分の中で思っているイメージとは違うかもしれませんが、ちょっとしたことを気を付けて変えていくことで当たったときの感触が全く違ってくるという場合もありますので、今度意識して練習してみてください。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させいたいというのであれば、その方法をメルマガでお伝えしています。

メルマガ限定で僕がゴルフを始めて半年でスコア82を出したスイングのキモをお伝えしていますので、あなたのゴルフ上達にすぐに役立ててください。

 

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク