スポンサードリンク

ゴルフのスイングはクラブによってつくられると言います。

 

今回はいまどきのアイアンの打ち方についてお話ししたいと思います。

 

ダウンブローで打つことに関していまどきのアイアンは昔ほど鋭角に上からヘッドを入れなくても良いと言われています。

 

 

これは著名なクラブデザイナーの竹林隆光さんの言葉で有名ですね。

今はクラブが進化して一昔前とは打ち方が変わってきたようです。

アイアンも昔と違ってクラブヘッドが低重心化しています。

特にミドルアイアン以上になると昔ほどダウンブローで打つ必要はなくなってきています。
飛行機を着地させるイメージでアイアンショットでもヘッドがゆるやかに地面をはうように下すことが

今どきのダウンブローだと言われています。
今どきはドライバーとアイアンのスイングの差が小さくなってきているのでスイング自体がシンプルになってきているのだと思います。
アイアンはダウンブローでもヘッドをゆるやかに着地させること。
鋭角なダウンブローだと飛行機が墜落するのと一緒で地面に突き刺さります。
無理にタメを作ってダウンブローに打とうとするとヘッドが鋭角に下りてきます。

kwegewwg4

 

これでは番手ごとに的確なボールの打ちだし角度を作りにくくなります。
いまどきのアイアンはゆるやかにヘッドを下すことが大事です。
ゆるやかにヘッドを下してもスイートスポットでヒットすることができるからです。
そうするとヘッド軌道が大きな円弧を描くようになります。
いまどきアイアンはタメすぎはあまりよい結果にならないと言われています。
ダウンブローを意識して

クラブヘッドが鋭角に地面に下りすぎる方はこの考えを持ってゆるやかなダウンブローのつもりで練習してみるといいでしょう。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク