スポンサードリンク

マスターズで5位に入るなどワールドクラスのアイアンで活躍中の松山英樹プロ。

ダウンスイングの形にダウンブローに打つヒントがあると深堀圭一郎プロは言います。

ドアノブを使うことにより松山のダウンブロースイングを体感できると言います。
アイアンの名手はスタンスが広めです。

ダウンスイングでは左内ももで体重を受け止める。

ダウンスイングで頭の位置はそのままで下半身先行です。
左内もも、左ひざ、腹筋で体重を受け止めます。
ドアノブをギュっと引く下半身リードの形を体感してみましょう。
上体の力を抜いて左尻に力を入れると重心が下がります。

ドアノブを軽く掴んだら上体の力を抜いて、下半身リードで軽く引っ張ってみましょう。

左内もも、左尻、腹筋に力が入って重心が少し下がります。
下半身リードで重心をグッと下げることによりダウンブローに打つことができます。
ダウンスイングで左足の外側に体重が流れてしまうとダウンブローに打つことができません。
練習するときはボールを打つ前に左内ももで体重を受け止めるダウンスイングの形を確認してください。

練習でボールを打つ前にダウンの形を確認するということです。
トップではしっかり捻転します。

しっかり捻転するために体重を右足に乗せます。

iuoweg42t44

トップでは肩が深く回って、右足の股関節の上で上体を支えています。

左への体重移動の準備ができているというわけです。

まずは広いスタンスで打ってみましょう。

アイアンが上手くてダウンブローに打てる人はスタンスの幅が広いです。

松山英樹のスイングがお手本と言えます。

深堀圭一郎プロが言ってます。

スタンスが広いと体重移動の幅が大きくなります。

すると下半身でクラブを引っ張れます。

下半身リードをしないと、クラブは上から入ってきません。

特に素晴らしいのはダウンスイングの形です。

松山は左内ももと左のお尻、そして腹筋の3ケ所でしっかり体重を受け止めています。

だから体が低く沈みこんでヘッドの最下点がボールの先に来てターフが取れるわけです。
なのでみなさんもドアノブを下半身で引っ張るとこの感覚がつかめると思います。
体重移動をすることにより必ずダウンブローで打てるということですね。

下半身リードで左足に体重が移動するとヘッドの最下点がおのずと左へくるのです。

なのでボールの先のターフが取れる。

逆にスタンスが狭いと下半身リードがしにくくなります。
大きく振る必要はないです。

ただ、松山プロのようにしっかり最後までよどみなく振りぬくことが大事になります。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク