スポンサードリンク

払い打ちでいいなんていう人はいますが

ツアープロを見ているとみんなターフを飛ばしてダウンブローに打っています。
そもそも地面のボールを正確にコンタクトするためにはすくい打ちは問題外です。
払い打ちはすくい打ちと隣り合わせだからです。

なのでダウンブローに打つしかありません。
そこであなたが今こそダウンブローで打ちたいと思うのであれば、

これからお伝えすることは参考になるかと思います。
ダウンブローでクリーンにヒットして打つことができたらバックスピンがかかって方向性や距離感がよくなります。
ミスの許容範囲が広いわけです。

森田理香子プロは言います。

自分は体重移動をするイメージはあまり持っていない。
その場で回転するイメージだけで打っていると。

krger
つまり回転だけでダウンブローに打てるのか?
バックスイングでは頭の位置を動かさないことを意識していると森田理香子プロは言います。
力が入ると頭が右に傾いて下から上へのあおり打ちになりやすい。
アドレスで肩の力を抜いて両ひじをすっと緩ませる。

そして、軸を崩さないように回転させるイメージで振ることで自然にヘッドが上から入ってダウンブローに打てると言います。
松山英樹プロとはタイプが違うが、ゆったりとしたしなやかなスイングから女子プロ離れしたダウンブロー軌道でボールをとらえる森田理香子プロ。
森田理香子プロはこう言います。

上体が力んでいると肩が上がっていたり、胸が突っ張っていたりするので肩をすっと落として両肘を緩めることが大事だと。
これがダウンブローに打つためのポイントになると彼女は言ってます。

 

 

また森田理香子プロが意識しているポイントは「右腕を伸ばしてもインパクトでダフらない」ということ。
とにかく回転軸を傾けずにスイング。

なぜこれがダウンブローにつながるのか?

森田プロの場合はインパクトで右肩の位置を高く保っています。

そして高く保った右肩の位置のまま肩を水平に回す。

だからインパクトで右腕を伸ばして打てるのです。

これがダウンブローのポイントになります。
もしも軸が右に傾けば、インパクトで右肩が下がります。

それだと右腕を伸ばすとダフってしまいます。
なので縮まったままになるのが当然ですが、上からダウンブローに打つことはできません。
肩を水平に回すことがダウンブローにつながるのです。
そういう意味で上体の力を抜いて、右腕を柔らかく使うのは大事なことですね。

軸が傾かないのでインパクトで右腕を伸ばしてダウンブローに打つことが出来るのです。
右手のひらが上を向いたり下向きになったりするとそれと連動して軸も傾きます。

バックスイングで体を右手のひらの関係を変えないように上げていくのが森田プロの特徴です。

右腕がまっすぐ伸びれば自然に腕がインパクト後にかえるので一気にヘッドを加速させることが出来るのです。

hief42er

シャフトが立ってぬけるのでつかまったボールを打つことが出来るのです。

森田プロのスイングはなめらかでいて、パワフルです。

あなたも森田プロのようなスイングを作りたいならその方法をメルマガで教えています。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク