スポンサードリンク

今回は藤田寛之プロの1時間でダウンブローが身につく3ステップドリルを紹介したいと思います。
アイアンの名手として知られている藤田プロ。

ダウンブローの基礎となる3つの動きを教えてくれました。

it862er
1、腕をしっかり返してボールをつかまえる。

スタンスは狭く立って上体だけでボールを打つ練習をします。

トップでは右脇、フォローでは左脇が締まっていないとボールはつかまってくれません。
なので肩から肩のスイングで左右対称に振ることが大事です。

腕が正しく使えないとボールはつかまらない。

左脇が空くとフェースが開いてボールがつかまってくれない。

左右の脇締めをまずは意識しましょう。
2、超ワイドスタンスで股関節を使って打つ

スタンスを広げてがに股に立ってその姿勢でボールを打ちます。

トップでは右股関節、ダウンからフォローでは左股関節に乗っていく動きが体感できます。

下半身が粘る動きをマスターしましょう。

ワイドスタンスにすることで強制的に股関節を使うことが出来ます。
左肩がひけてしまうとヘッドを低く長く押し込むことが出来ないのでダウンブローで打てない。

こうなるとひっかけが出てしまう。

 
3、左へ踏み込んで上半身と下半身とで時間差を作る

下半身を先行させると、インサイドからクラブを下せる。

足を少し前に踏込むと胸を右に向けたままインサイドから下す形を体感しやすい。

狭いスタンスで立ってバックスイングを上げてトップまで行ったら左足を外側に踏み込む。

その後で上体が一瞬遅れて動き出します。

下半身を先行させることによって正しい軌道でスイングすることが出来る。

ダウンブローを覚えるには手順が大事だと藤田寛之プロは言います。

ダウンブローはまず腕だけでボールを捕まえることから始めることが良いと言ってます。

スタンスは狭くして腕をしっかり返して振ることが出来るようになってから、

ワイドスタンスで立って股関節を使って打つ練習をします。
右股関節に乗ったら左股関節に乗る。
そして、最後に時間差がくる。
トップまでクラブを上げたら左足に踏込みそれからクラブを下してくる。

ダウンでは上体と下半身を一緒に動かすのではなく、下半身先行を覚えることがまずは大事。

この3ステップを行うことにより1時間でダウンブローに打てるようになると藤田寛之プロは言います。
あなたもダウンブローのインパクトを目指すなら試してみたらいいと思います。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク