スポンサードリンク

フェースターンでフェースをグリっと回すとひっかけてしまうという場合は体の開きが早くカットに振っていることが考えられます。
なのでダウンでは体を開かずに手元を真下に動かすことが大事。

つまりインサイドからクラブを下すという事ですね。
ボールを真下に投げる動きなら肩のラインが開きません。

なので思い切ってフェースを返してもボールを引っ掛けることはないです。
逆に横に投げるとスライスやひっかけが出ます。

ボールを横に投げるイメージだと体が開いてカット軌道になりやすいです。

フェースが開けばスライス、閉じたらひっかけという事になるのです。
インサイドから下すには体の開きを抑えることが一番。

ボールを真下に叩きつけるように体が右を向いたまま腕を下すという事。
ダウンブローに打ててもカット軌道ではボールはコントロールできない。

原因は体の開きが早いことです。

なのでダウンスイングのイメージを変えることでこれを克服できます。
以前はボールを目標に投げるイメージだったら、下にたたきつけるイメージに変える。

ywefwefge

つまり右を向いたまま下すイメージですね。

腕もクラブも真下に下すと肩が開かずにダウンブローで打つことが出来ます。

左への体重移動よりも切り返し以降は下に力を使うことにより体の開きを抑えることが出来ます。
つまり縦に力をつたえる意識が必要になるのです。
縦に振る意識を作るためにはジャンプ素振りがおすすめ。

たてに力を使うためにインパクトでジャンプする練習が効果的です。

切り返し以降で体が伸びあがると回転が止まるので体を開きたくても開けません。

このジャンプ素振りを取り入れてみてくださいね。

補足として真下にボールを投げるイメージでもボールがない場合は座布団などでも練習になると思います。

 

 

横に投げるのではなく、下に投げるということを意識してみてくださいね。

これはyoutubeで森プロが教えているダウンブローの練習によく似ていますね。

正しい腕の旋回ができることによってフェースターンができるようになる。

この教えを守って僕も初めは練習していました。アマチュアのほとんどができてないフェースの開閉を覚える練習になると思います。

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク