スポンサードリンク

今回はダウンブローのターフについてお伝えしたいと思います。

ターフが取れたからダウンブロー完成だ。とあなたは思ってませんか?

ちょっと待ってください。

そのターフどんな形になってますか?
プロたちはターフの形で自分の調子が分かると言います。
地面の硬さによってターフの取れ方は変わります。

やっぱり長方形で長ければ長いほどいいですね。

9番アイアンだったら20センチぐらいほしいところです。
調子がいい時は長いターフが取れるはずです。
フェース面がまっすぐに入っているときは入口は浅くて徐々に深く取れていきます。

もしカット軌道で極端に上からヘッドが下りてくると入口から深くて短いターフになります。

先に行くほどターフが細くなっていたらフェースが開いていた証拠です。
ダウンブローに打ててフェースが正しく動けばアイアンヘッドと同じ幅で平行に抜けていきますからね。

ダウンブローにアイアンを打つときはボールに当たってから少し内側に抜けるのが正しいスイング軌道になります。

owg43efge
ターゲットよりもやや左にターフが取れて出球がまっすぐ飛びだせば完璧です。

このようにダウンブローでしっかり打てているかをターフを見て確認してみましょう。

 

自分ではダウンブローで打てていると思っても偽りのダウンブローになっている可能性があります。

 

ターフが取れればそれでいいと思っている人がほとんどでしょう。

 

でも、取れたターフを見てスイングのどこが悪いかを研究する人はごく少数だと思います。

アマチュアのターフは短くて分厚いターフが取れることがほとんどですが、プロのターフは薄く長いターフが取れます。

 

これはクラブの入射角によるものですが、上から叩きつけるようにクラブを下してくるのがダウンブローだと思っているといつまでたっても本物のダウンブローを身につけることはできませんからね。

 

本物のダウンブローで打てたときは薄くて長いターフが取れるのです。

このちょっとした研究でゴルフが上達するきっかけになると僕は思います。

 

なので、ターフが取れたからそれでいいのではなくて、そこからターフが取れたということを考えもっとゴルフを上達させる努力をしてみたらいいと思います。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク