スポンサードリンク

ダウンブローに打ちたいアマチュアがアイアンの名手、湯原信光プロのダウンブロー道場に入門した結果・・・

体が左へずれて上からぶつけに行く偽りのダウンブローになっていると助言しています。
ダウンブローだからといってハンドファーストの形を意識すると体が左に流れやすくなります。

これではヘッドを走らせることはできません。
偽りのダウンブローだとフォローで立つことはできません。
フォローでバランスを崩して左足一本で立てない人は偽りダウンブローの可能性が高い。

体重移動と一緒に上体が左に流れる人は偽りのダウンブローです。
ダウンブローに打つためにはハンドファーストの形を意識する人は偽りのダウンブローを生み出します。
それはハンドファーストに打とうとしたらダウンスイングで体軸が左にずれます。
ヘッドを振るスペースがないので加速できないのです。
背骨を軸に回転することで、ヘッドが走って本物のダウンブローになるのです。

本物か偽物かは一本足素振りでチェックすることが出来ます。
バックスイングでは右足一本、フォローからフィニッシュでは左足一本で立つことが出来たら合格です。

実際にバランスを崩して立てない人は多い。

本物のダウンブローは体重移動しているのにトップでもインパクトでも頭の位置はほとんど変わることは無いです。

だからヘッドが走ります。

バックスイングでは右、フォローでは左のわき腹が伸びると背骨軸に回転することが出来ます。

uwefgwe43efge

バックスイングでは頭が右に流れてインパクトで左に流れる、体軸がぶれるので打点が安定しません。
バックスイングで右、ふぉろおーで左のわき腹が縮むとワイパーの動きになって軸ブレします。
ビ・ハインドザ・ボールが本当のダウンブローの形です。

ハンドファーストに当てるのではなくて結果的にそうなるのがダウンブローです。

 

頭が動かないように意識すると力が入って頭も一緒に動いてしまいます。

 

一本足でバランスを保つためには下半身とは逆に上半身を動かす意識が必要になります。

 

 

コツを掴んでバランスよく立てるようになったら本物ダウンブローの完成ですね。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク