スポンサードリンク

少しでもダフリのミスを減らすために、フェアウェイバンカー(インパクトがシビアでダウンブローが身に付く)と砂を味方につけて上達したのが前田陽子プロだと言われています。

というわけで、今回は砂の上にボールがあったらダウンブローでしか打つことができないため、そのダウンブローのコツについて紹介したいと思います。
砂の上にボールがあることってラウンド中によくあることだと思います。

例えばフェアウェイバンカーがそうですね。
砂の上から練習することでダウンブローで打つ技術が身に付きます。
砂の上からショットを打つ練習を砂練と言います。

ボールを左から見れば打ち込む体勢ができるので自然とダウンブローになります。

ディボット跡からわざと練習することもダウンブローを身につけるためには効果的だと思います。

金井智子プロは言います。

砂からの練習があったのでプロになれたと言います。

砂の上からのショットのコツとしてはちょっと抑えて打つ。

バックスイングはいつもと同じでフォローを7割くらいのイメージで振るだけで低く振りぬくことが出来るのです。
たとえ刃に当たったとしてもダウンブローに打つことができれば「どトップ」になることはありません。
ボールを左から見ながら刃で打つ感覚があるとさらにダウンブローの意識が高まります。

uugwgw

トップめに当たってもダウンブローならしっかりボールをとらえることが出来るからです。
ボールを左から見たら軸が傾かないので自然と上からクラブを入れることが出来ます。
ボールを右から見ると軸が倒れてしまうので、クラブが極端にインから入ってダフることになるのです。
フェアウェイバンカーから最大飛距離を出すためにはボールをクリーンにとらえる必要があります。
逆にボールをクリーンにとらえなければ飛距離は完全に落ちてしまいます。
なので砂の上からのショットはフルショットよりフィニッシュを小さくするイメージを持ってスイングすることが求められます。

フルショットと距離が変わらないようにトップはいつもと同じで、フィニッシュをいつもより小さくしてピタっと止まることが大事。

すくい打ちが矯正されるので適正なダウンブローで打つことが出来るのです。
ハーフトップを打とうと思ってスイングすることが大事ですね。
そうするとすくい打ちになることはありません。
このようにフェアウェイバンカーからクリーンにボールをとらえるショットを打つためには砂の上から打つ練習が効果的ということです。
いつも芝の上からのショットばかりを練習するのではなくて、あえてライの悪い砂の上からのショットの練習があなたのダウンブローを向上させる近道になると思います。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク