スポンサードリンク

今回もダウンブローの極意について紹介したいと思います。

では内容に入っていきたいと思います。

ボール後方にタオルを置いての練習になります。
ボール後方に軽く折り重ねたタオルを右足の前に置いて、振れずにインパクトできたら合格。
すくい打ちの人は手前のタオルにヘッドが触れてしまってクリーンにボールを打つことはできません。
スイング軌道に関係なく上から打てば問題ありません。
折りたたんで1センチ程度の厚みにしたタオルを用意します。

目安は右足の前ですが、バックスイングをした時にぎりぎりヘッドが当たらない位置に置きます。
そのままスイングして、タオルに触れずにインパクトできればダウンブローに打てている証拠になります。

auyiy87w

しかしこのテストは軌道に関係なく上から打てているかを判定するものなのでこれではダウンブローレベルはアベレージクラスになります。
今度は、ボールの前に名刺を置いて打つということをやってみましょう。

ダウンブローに打つことができたら名刺は大きく飛んですくい打ちの場合は名刺の動きが小さいです。
ボールのすぐ前に軽く折り曲げた名刺を置くテストは有効です。

インパクトしてボールと一緒に名刺が飛べば合格です。

そうすることでダウンブローに打って低くフォローを出すことが出来ます。

次にシングルクラスのダウンブローの練習を紹介します。
これはカット軌道のダウンブローなら空振りになります。

ダウンブローはアイアンショットで必須条件なんです。

でもただ上から打てればいいというわけではないです。
インパクトでヘッドが加速して腕が伸びて体の視点が右サイドに残っている必要があるのです。
なので今回はレベル別にダウンブローテストをしてみましょう。

まずはクロスハンドのグリップでショットの練習をすること。
体が伸びあがると空振りします。
手首のリリースが早かったり、上体が伸びあがってスイングするとクラブがボールに届きません。
クロスハンドでもしっかりインパクトできたら飛距離の落ちは少ないです。

すくい打ちの人は飛距離が伸びることもあります。
グリップにかける指の角度などは普段と同じです。

まずはいつものグリップで握ってから左右の手を入れ替えることでクロスハンドグリップになります。

クロスハンドで握る場合は肩から肩までのスイング幅で振ること。

手先で細工できないのでダウンブローかつ体の伸びあがりを抑えてスイングしないといけない。

普段のフルスイングで出る距離の7割以上飛ばすことが出来たら合格です。

インサイドからダウンブローでスイングできたらシングルクラスです。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク