スポンサードリンク

あなたがうまくダウンブローで打つことができていなかれば、憧れのダウンブローに打つためのコツとして今回もダウンブローの話をしていきたいと思います。
上から打ちこむことを意識しすぎて悪い動きが出てしまっている人は多いです。
インパクトで体が突っ込んでしまって上から打ちこめても手首を返せなかったり意識的に直せないことって多いですからね。

でも今回のレッスンではそういった無意識に起こる悪い動きをドリルで矯正したいと思います。

なので自分にあったレッスンを見つけてみてくださいね。
そして、正しいダウンブローのスイングを身に着けてほしいものです。

まずはダウンブローを身に着けるドリルとして、

両足をそろえて腰から腰のふり幅で振るということ。

これを練習することによりボールがつかまる感覚が分かると思います。

u7678w
次に両足を開いてワイドスタンスで打ってみる。

これは少々難しい練習になりますが、これをやっていると股関節に体重が乗る感覚が分かるようになるのです。

でもなかなかうまくタイミングが取れずに最初は苦戦するかもしれません。

また、踏込うちですが、トップで止まってそこから左へ踏み込んで間を作る練習を行います。
これは間の作り方が最初は難しく感じると思います。
踏み込んで打つことはできてもきっちりと時間差をつけて振るのは難しいのです。
これらのドリルを繰り返し行うことによってスイングが確実に変わってきます。
シンプルにダウンブローのスイングを身につけるにはおすすめのドリルだと思います。
また、クラブをまたいでの練習も効果的。

クラブを足元に置くシンプルなドリルですが、自然と軸がブレないスイングに変化します。
インパクトから先のヘッドの動きが低く長くなります。

クラブをまたぐことによって突っ込んでスイングしていることを認識できます。
ボールに当たるインパクトの音が変わるのをわかるかと思います。
小さなスイングでもしっかりフェースターンをすることがダウンブローの基本です。
最初はフェースターンの動きが難しいかもしれませんが、この動きを取り入れることでフェースでボールを押し込む動きが身に付くようになる。

すると自然とハンドファーストの形でのインパクトが可能となるのです。

小さいスイングでしっかりフェースターンができるとダウンブローが優しくなります。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク