スポンサードリンク

自分に合ったドリルで動きをマスターしたら次はコースで試したくなりますね。

今までうまく打てなかったライから本人も驚きのショットをしてみたいと思いませんか?
今回はコースで「わらじターフ」が取れた方達の例を紹介したいと思います。
体が突っ込む偽りダウンブローが直った方の場合。
足を入れ替える素振りはいかに自分が突っ込んでいるかを気づかせてくれるいい練習です。
ショット前に軽くこの素振りをするだけで、ヘッドが走る感覚をつかむことができました。
コースに出ると突っ込む動きがより強くなる傾向にあったので、今までクラブを思うように振りぬけませんでしたが、今は鋭く振りぬけています。
クラブをまたいで打つドリルによって頭を残すイメージが分かるようになりました。
7番アイアンで大きなターフが取れるようになった。

koogwgr8w

ヘッドが低く長く動くようになってフォローが大きくなった。
その結果ミドルアイアンでもインパクトすると長いターフが取れる。
足を入れ替える片足素振りによってバランスの良いスイングを体感することが出来ます。
その結果軸がブレなくなるのです。
次にダウンブローでボールをつかまえる感覚が分かった方の場合。
ダウンブローを意識してまったく飛ばなくなった経験がある。
でも今はトップめに入れるイメージを持っています。

でもフェースターンの動きを意識してからはダウンブローい振ってもボールがつかまるようになりました。

フェアウェイバンカーやライの悪い場所でも思い切って振りぬくことが出来ます。

ヘッドを入れるイメージが随分変わりました。
少々ライが悪いところでもダウンブローならしっかりターフが取れて方向性も安定します。
ボールを正確にコンタクトしないと打てないフェアウェイバンカーからもナイスショットを連発することが出来ます。
ダウンブローに打つ体の使い方が分かった方の場合。
打ち込むのがどうしても怖くて、どちらかと言うと払い打つイメージがありました。
でも左足で踏み込む動きを意識してからクラブを下に振りおろせるようになりました。
あとは狭いスタンスでボールをつかまえる動きを練習したことで、ボールが強くなりました。
苦手な左足下がりからしっかり振りぬけたことには驚きました。

クラブを鋭角に振れるようになったおかげで飛距離もしっかり出ています。

ダウンブローに振れるようになったことで、インパクトでヘッドがしっかり加速します。

大きなターフとともにボールは力強く飛び出します。

左足下がりからでもヘッドを低く長く動かせるようになったのでしっかりボールをつかまえることができる。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク