スポンサードリンク

必ず芯を喰うための唯一のボール位置があることを知ってますか?

今日はそれについて紹介したいと思います。

アイアンの番手ごとにボール位置を変えて正しくセットするのはちょっと難しいことですね。

それならボール位置は固定でいいです。

こうすることで必ず芯を喰うことができると僕は思います。

インパクト後に最下点でダウンブローの形になります。

スイングは左肩支点。左腕リードで振りおろして左肩がボールを追い越すタイミングでインパクトします。

ヘッドの最下点がインパクト後になるのがスイングの基本です。
短いクラブは鋭角に下りて長くなると入射角は浅くなります。
つまり番手が下がるほどダウンブローの度合いが強くなるのが理想です。

oit43ty43

ボール位置は左足かかとよりアイアンヘッド1個分内側で固定となります。
スタンス幅はウェッジでボール中央となります。

それを基準にクラブが長くなるほど右足を右へ移動させる。
右足だけを動かすことによって番手なりの入射角になります。
そしてスピン量が安定します。

これによって芯を喰うインパクトができるわけですね。
右足寄りにボールがあると右手を使ってすくい打ちをしやすくなります。

ボール位置を左すぎると体が突っ込んでアウトからクラブが下りることになってしまう。
左脇の真下にボールをセットすると左肩がボールを追い越す前にインパクトしてしまう。

クラブが長くなる分に関しては右足を動かしてスタンスを広げることでボール位置を調整します。
例えばPWのボール位置はスタンスのほぼ中央となります。

そして長い番手になるほど右足を右へ動かしていきます。

番手1つに対して足の親指1本ほど動かすことになります。

逆に左足とボールとの距離は全番手一緒になります。

芯を喰うためのボール位置がこれで多少は分かってもらえたのではないでしょうか?

 

この方法ならいつも同じボール位置で構えることが出来るようになるのです。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク