スポンサードリンク

ボール位置は左右だけじゃない。
ボールと体の距離感を作るのも大事です。

だけど毎日練習していない人としてはこれは難しいですね。
アドレスでだらんと腕を下げるとひじは軽く曲がっている状態です。

手元の位置を正しくセットしてクラブのライ角なりに構えればヘッドの位置は自然に決まります。
両足の親指付け根に体重を乗せて股関節から前傾させていきます。
次に膝を軽く曲げて両手のひらを内側に向けたまま腕をだらんと垂らします。
これが手元の位置を決める手順になります。

腕をまっすぐに伸ばすのではなくて、だらんと下すとひじが軽く曲がります。
すると右手は自然に肩よりも前に出ている形になります。

この位置でクラブを握ればボール位置が一定になります。
アイアンは構造上ソールを地面につけるとシャフトが左に傾きます。

この状態で構えるのが正解です。
アイアンはぴたっとソールさせた位置でクラブを構えたら自然に自分とボールとの距離が決まります。
構えたら右手を外してみましょう。

手順を踏んで構えてもボールと体の距離が本当に合っているのか不安になると思います。

そんなときのチェックとしてはアドレスした後に右手をグリップから離して一度だらんとさせます。

正しい位置で構えていたら右手の位置はほぼそのままです。

体側にずれるならボールから離れすぎと言えます。

また外側に動けばボールに近すぎるという事になります。
アドレス後に右手グリップを外して、位置が変わらなければ手元位置が正しいという事になります。

iui7843

腕をだらんと下げると手元は左肩よりも前に出ます。

力を抜いて腕を垂らすとひじが軽く曲がった状態。

手元が肩より前に出た位置で構えられます。
正しい手元の位置で各番手のライ角通りに構えたら自分とボールとの距離は自然に決まるものです。
手元の位置に合わせてクラブを握ってライ角なりにセットしたらボールと体との距離が決まるわけです。
僕が常に意識してるのは

手元の位置です。
手元が左太ももの内側の前にあるのが理想のポジションとなります。
基本的にはどの番手でも同じ位置です。

するとおへそより左寄りでグリップすることになります。

自然にハンドファーストの形になるというわけですね。

これでボールと自分との距離が一定になる。
手元が飛球寄りすぎると体の正面からグリップが離れてしまう。

手の位置が右寄りになっていれば右肩、右腕が力みやすくなるのです。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク