スポンサードリンク

daun

おはようございます。

ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。

今回は、アイアンでよくダフリが出るという場合の

ダフリ克服のチェックポイントをお伝えしたいと思います。

アイアンで大切なことは「ダウンブローでインパクト」です。
あなたもダウンブローで打つということを耳にしたことはあると思います。

ダウンブローというのはクラブヘッドが下降して地面に到達する前に球を打つことです。
球を打ってからクラブヘッドが地面に到達します。

そのため、球の前の芝をクラブヘッドが薄く削り取っていくのです。
これがアイアンの打ち方です。
そして、このダウンブローで打つことのメリットは
・悪いライでも打つことができる

・インパクトでロフトが立つので飛距離が出る

・安定した距離感

・ダフリやトップのミスになりにくい

・スピンのかかる球になり、グリーンで止まりやすい

アイアンをダウンブローで打つことにメリットはこのように

あなたのスコアーアップに直結するメリットがたくさんあります。

このようにアイアンでダウンブローに打つために
注意するべきポイントがありますので
あなたがダウンブローで打てていないのでは?

という場合はチェックしてみてください。

アイアンでダフリを克服するためにアドレスで注意すること

アイアンでダウンブローのインパクトを目指すためには、

アドレスが間違っていないかを確認することです。

1、アドレスがドライバーの体重配分になっていませんか?

よくありがちですが、ドライバーをたくさん練習していると

スイング軌道がアッパー軌道になりやすいです。
そして、このドライバーを打つときのアッパー軌道のままで

アイアンを打つと当然アッパー軌道なのでダフってしまいます。

アッパー軌道になっていないか?

アドレスで右足体重になっていないか?
ドライバーのアドレスでの体重配分を右足体重にしている人は、
アイアンの体重配分は
「左足5:右足5」になるようにしましょう。
両足に均等に体重配分してアドレスしましょう。

ドライバーの練習ばかりをしていると、

体重配分が右足にかかりがちです。
アドレスで「左足4:右足6」という体重配分になってしまっている人は多いです。

アドレスで右足体重になってしまったら

当然インパクトで右足体重になりやすいです。

そして、右足体重でスイングしてしまったら
クラブ軌道の最下点が球の右に移動してしまいます。
最下点が右へ移動してしまうと、

当然ダフってしまいます。
または、ダフるのを嫌がってトップするわけです。
ダフリやトップというのは背中合わせですが、

このようにアドレスでの体重配分が右足体重になっている場合のミスが

ダフリやトップになってしまっていることもあります。
ドライバーのようにティーアップしている場合は

アッパー軌道のスイングでいいですが、

アイアンの場合は地面にある球を打つわけですから

当然アッパー軌道では球をクリーンに打つことができません。
アッパー軌道になると当然ダフってしまうわけです。

2、右足体重になることで右肩が下がったアドレス

先ほどのように、ドライバーの練習ばかりしていると

アイアンでも右足体重でアドレスしてしまっているというケースがよくあります。

右利きの人の場合右足体重になりやすい。

そして、アドレスで右肩が左肩よりも低くなっている。

これもダフリの原因の1つです。

例えばロングアイアンでアドレスしてみてください。
この時に、右足体重になっていないかを確認してみましょう。
5番、4番、3番アイアンでアドレスした場合

無意識に球を上げたいという想いが強いと右足体重になりやすいです。

アドレスで右足体重になってしまうと当然インパクトも右足体重になりやすいです。

こうなるとインパクトがダウンブローにならない。
アイアンでお馴染みのダフリというミスショットが出たり、

インパクトのあたりの薄いミスショットになってしまいます。

3、アドレスで右足体重を矯正するために

アドレスで右足体重になっている場合

この体重配分を矯正するために意識するのは左足体重です。

アドレスでの理想の体重配分は

「左足5:右足5」ですが、
アドレスで右足体重になりやすいというのであれば、
意図的に左足体重でアドレスしましょう。
例えば
「左足6:右足4」という風に。
左足に多く体重をかけてアドレスします。
そして、できるだけ左足体重のままの体重配分をキープしたままスイングしてみましょう。
左足体重のまま、バックスイング⇒トップ⇒ダウンスイング⇒インパクト。
この状態でスイングしていると徐々に右足体重が矯正されていきます。
そして慣れてきたときには
「左足5:右足5」の通常の体重配分のアドレスに戻します。
意図的に左足体重のまま打つことにより

右足体重になってしまう悪い癖を矯正することができます。

ゴルフスイングは意識して大げさにやるぐらいが丁度いいです。
「大げさにやる」
スイングをいじるときは「大げさにやる」ということを常に意識すること。
悪い癖を直すために大切な事です。

今回はアイアンでダフリ克服のポイントとしてアドレスの体重配分についてお伝えしました。
まとめると
1、ドライバーのように右足体重になっていないか?

2、右足体重のアドレスだとインパクトでも右足体重になりやすい

3、右足体重を矯正するために、左足体重でのスイングをおこなう

これらのことを意識してみてください。
アイアンをダウンブローで打てるようになると

記事の冒頭でもお伝えしましたようにスコアーアップのメリットがたくさん生まれます。
あなたのゴルフ上達に役立ててみてください^^
あなたがゴルフを短期間で一気に上達させたいという場合
その方法をメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク