スポンサードリンク

今回はティーアップについて少し考えてみたいと思います。

ティーアップはコースでそれぞれのホールの一発目のショットの時に行いますが、このティーアップの重要性について理解している人は少ないように思えます。

ティーアップするときに何を考えながらティーアップしたほうがいいのかという点において以前の僕は無頓着で考えたこともなかった。

 

「まだ、スイング自体が固まってないのにティーアップの話をされてもね・・・」

こんな感じで、僕は自分のスイング作りに夢中になりティーアップの事なんて考えたこともありませんでした。

まずはスイングをしっかり固めることが大事だと思っていました。

たしかにスイングをしっかり固めることは大事ですが、ティーアップは適当なところに立てていれば大丈夫だろうと浅はかな考えでいました。

でもこれがいけない^_^;

 

ゴルフというスポーツは個人競技です。

もちろん一緒にラウンドする人とスコアを競うことになりますが基本的には自分との戦いと思っていいのではないでしょうか。

そして、コースに出ると自然との闘いも待っています。

つまりコースを設計した人との闘いと言っても過言ではないと思います。

そのコースに挑んでいくわけですが、ティーアップにしても適当で済ませてしまうのはどうかと思うのです。

ティーマーカーの幅の中でゴルファーは自分が好きな位置にティーアップできます。

そして自分が好きな高さにティーアップできます。

というわけで、今回はティーアップするときに気を付けるべきポイントについて話していこうと思います。

 

足場の良い場所にティーアップする大切さ

 

いいところを見つけてティーアップすることは大切です。

でもティーを指す場所ではなくて、アドレスした時の足場が良いところを基準にティーを指す場所を決めることが大事だと思います。

ティーを指す場所自体に気を取られてしまって足場のことに意識が向いてない人が多いように思います。

ディボット跡がない綺麗な芝の上にティーを指すことに気を取られている。

芝の上に直接ボールを置いて打つならきれいな芝の上を選ぶと思いますが、ティーアップではティーの上のボールを打つのですからティーを刺す場所の芝の状態は関係ないと思います。

ティーアップで大切なことは足場が良いところをまずは見つけることです。

 

自分がアドレスした時に足場が良くなるような場所を見つけることです。

これがティーアップするときに一番重要なことだと思います。

ディボット跡の腕でアドレスするようならば足場が悪いために満足いくスイングができない可能性が出てきます。

また、片足部分だけ少し盛り上がっている場所などでアドレスを取るとスイング中にバランスを崩してしまう可能性があります。

 

なのでこのようなことがないように、まずは足場のチェックをしてください。

それから足場のチェックが終わったらティーアップすることです。

ティーアップをする前にアドレスする場所がどうなっているのかをまず先に考えることをお勧めします。

 

100切りどころか一気に90切りを実現したゴルフ理論

↑ ↑ ↑
僕がゴルフを始めて半年でスコア82をマークした理論

repoto
スポンサードリンク