スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

ご無沙汰してます。

今日はかっこ悪いスイングになってしまう。

ヒジの引ける動きについてです。

【左ひじが引けるかっこ悪いフォロー】に悩むゴルファーは多いです。

 

もしかして、あなたの左ひじも引けちゃっていませんか?

ゴルフはいかに固定するべきところは固定するかが重要で、これが難しいと言われます。

再現性の高いスイングをするためにはアドレスでヒジの向きに注意を払う事も大事です。
左ひじが引けるから引けないようにフォローでヒジを伸ばそうとしますが、これでもヒジの引ける動きは克服できません。
そもそも、アドレスでヒジが引ける動きになる原因がある場合が多いです。
アドレスが間違っているとヒジが引けて当然です。
こんなアドレスしていませんか?

ヒジの向きが間違っていると、スイング中にヒジが暴れてしまい、無駄な動きが入ってしまいます。

これじゃあ、いくら練習しても左ひじの引けるスイングになりやすいです。

なので、このヒジの向きのチェックは外さないでください。

 

左ひじが引けるフォローになるスイングの人ってゴルフ初心者ではなく、中級者でも意外と多いですからね。

 

僕も昔は左ひじが引けるフォローになっていました。

アドレスを見直すことで、ヒジの向きって大事なんだなって気づかされると思いいます。

できていないという場合が意外と多いのがゴルフスイングです。

 

出来ているつもりになっている人が意外と多いのがゴルフスイングです。

アドレスでヒジの向きを確認するのも鏡を前にして確認するといいですね。

どうせなら、カッコいい美しいスイングを作りたいですよね?

それならこの基本部分を外さないでください。

動画でお伝えしていますように、ヒジの向きがおろそかになっていないかをご確認ください。

球を打つだけが練習ではないですからね。

基本を確認するという意味でもこういったことを振り返りながらできているかどうかを確認してください。

 

最後にあなたが短期間でゴルフを言っ奇異に上達させて、

周りのゴルファーをスコアーで圧倒したいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

再現性の高い正しい体打ちのスイングを作れる方法になりますのでお楽しみください。

ゴルフ侍トシのゴルフ上達ノウハウ垂れ流し無料メルマガ

ゴルフが上達しない人は我流で球数だけど打ち続ける。

頭で考えながらの練習は上達が難しいですので、考えずに上達できる方法を取り入れていきましょう。

repoto
スポンサードリンク