スポンサードリンク

飛球線方向に対してクラブヘッドを持っていき、それからテークバックを開始することにより上体を軟らかく使うことが出来るようなるという事が分かりました。

左腰の先ぐらいからテークバックをスタートさせるとボールの上クラブが通過するぐらいからヘッドにスピードが付きます。

そして、そのまま腕と手がスムーズに引き上げられていきます。

その結果ボールをいい感じで打てるようになります。

 

この練習方法を繰り返すことによりウッドを打つ感覚は身についていきますが通常のアドレスに戻して打つとうまく打てないという問題が発生しました。

 

上体は柔らかく使えているが、テークバックからダウンスイング、インパクトで違和感を感じていました。

でも、色々と考えながら試行錯誤してボールの先からテークバックをスタートさせて打っていると大事なことに気づきました。

飛球線方向(ボールの先)からヘッドをスーッと引いてくることによりヘッドがボールの上に到達した時、またはヘッドが通常のアドレスの位置に来た時に手の位置がどこにあるのか?

この時ヘッドは明らかに手よりも飛球線方向側にあることが分かりました。

ではうまく打てない場合、普通にアドレスした時にヘッドと手の位置関係を調べてみるとヘッドと手の位置がほとんど同じ位置関係になっている。

 

つまりうまく打てる時はヘッドが手よりも飛球線方向に位置しており、うまく打てないときはヘッドが手とほとんど同じ位置関係にあるということが分かりました。

普通にアドレスして手の幅一つ分ぐらいを飛球線後方へ引いて構えてみる。

この形で構えることによりボールの先からヘッドをひいて打つ練習の時と同じ感覚がよみがえりやすくなります。

 

そして、このヘッドと手の位置を意識して打つことで素晴らしいボールが打てるようになりました。

 

手の位置はウッドではボールの後ろアイアンでは先に来るように構える

ウッドとアイアンとでは構えた時の手の位置がボールに対して違うという事が分かりました。

ウッドの場合はアドレスした両腕とシャフトが作る形が正面から見て逆y字になっている。

つまり左腕ラインの延長線上ではなくて右腕ラインの延長線上にクラブヘッドがあるように構えるのです。

 

この構えが分かってからウッドのショットが良くなりました。

同じようにアイアンでもボールの先からヘッドをテークバックさせて打つ練習をするとうまく打てる時と打てない時の手とクラブヘッドの位置を確認することが出来ます。

 

ウッドのようにヘッドよりも後方に手を意識して打つとアイアンではうまく打てない。

逆にアイアンではヘッドがボールの上を通過するときに手を飛球線方向に位置するようにするとうまく打てる。

アイアンの場合はハンドファーストでインパクトをします。

なので構えもハンドファーストで構えないとうまく打てないのです。

アイアンの場合は両腕とシャフトができる形が正面から見てy字になります。

アイアンが調子よく打てるがウッドが打てない。逆にウッドは打てるがアイアンが打てないという人はアドレスの手の位置関係を見直すことをお勧めします。

アイアンが打てているときにウッドもハンドファースト気味に構えてしまうというのがだいたい多いですが、ウッドは逆でヘッドファーストにして構えることです。

アイアンとウッドではアドレスの手の位置が異なるという事を常に忘れないようにしてください。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク