スポンサードリンク

アドレスについてちょっと堅苦しい話になるかもしれませんが、あなたはアドレスを「静」か「動」とぢらであると認識していますか?

アドレスは静止なのか?

それとも動作なのか?

 

「プロはアドレスでビタっと体が止まるからもちろん静止だろう」

と思っている方が多いと思います。

でも、実はこれが間違い。

アドレスは静止ではなくて動作です。

動作として認識しなければならないのです。

 

アドレスで形を作ることで体が硬くなりスムーズさがなくなる?

昔の僕はボルフの雑誌を読んではアドレスの形を研究していました。

プロの形を真似するために下半身の形と上半身の形、それから腕やグリップの形など。

でもその形ができるようになる程にテークバックが堅苦しい感じになり、スムーズな動作が出来なくなっていました。

 

「どうしていいアドレスの形ができるようになったのに上手く打てないのだろう?」

思い悩んだことがあります。

この疑問を解くヒントがありました。

それは「クラブヘッドをボールの先(飛球線方向)からスタートして打つ」という練習。

ボールの先の飛球線方向からクラブヘッドをスタートしてテークバックをとってから打っていきます。

この練習はアドレスと言う静止の状態がないのでスムーズな動きに繋がります。

アドレスは動作という感覚が大事

アドレスが静止だと思って型にはまることはよくありません。

そもそもそれが間違いという事に気づいてほしいのです。

アドレスはボールを打つために構えます。

スイングはリズム感が必要とされます。

そのため、アドレスではそのスイングの動作のための準備として行います。

リズム感が必要とされるスイングなのにその構えが静止であるとリズムがないのでスイングを開始するのが難しくなるし苦しくなると思います。

このようにアドレスが静止で石となってしまっていたらスイングにリズムが生まれるわけがありません。

あくまでアドレスはボールを打つための予備動作として考えたほうがいいのです。

 

そこで、アドレスが動作として考えて構えるのに僕的にお勧めだと思うのがソールを浮かせて構えるという事。

クラブを地面にソールしてつけてしまうとクラブが死に体となってしまうからです。

クラブを浮かせることによってグリップに重さを感じるように柔らかく握れます。

こうなると両腕に余裕ができ両わきもしめやすくなります。

そして、リズム感が出て楽にスイングができるようになると思います。

体からリズムを失うことなくスイングする方法を紹介しましょう。

 

まず打つ前に素振りをすると思います。

打つ前の素振りからリズムを刻みはじめます。

素振りで左右の体重移動と肩の回転のリズムが残ります。

そして、素振りで出来たそのリズムを体に残したままアドレスに入ります。

クラブは地面にソールせずに地面から浮かせて構えます。

そして、左右の足のつま先を交互に持ち上げてみてください。

こうすることで左右への小さな体重移動ができるかと思います。

それから素振りのリズムを残しながら徐々に足の動きを小さくしていき、そろそろ止まるかな。ぐらいのところまで行って、それからすぐにバックスイングに入ります。

足の小さな動きを完全に止めてしまってバックスイングに入るのではなくて、「そろそろ止まるかな」という小さな動きまで持っていきそこから止まらずにバックスイングに入るのです。

 

アドレスは静止ではなくて動作なので止まらずにスイングにつなげていくと良いと思います。

そうすることでリズムを失わずにスイングすることが出来るようになると思います。

逆にアドレスで静止してしまうと筋肉が固まってしまいます。

そうなるとリズムも失いスイングに入るタイミングが分からなくなります。

また、筋肉が固まることでナイスショットの確率も下がりますのでアドレスでは静止ではなく動作を意識することが大事だと思います。

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク