スポンサードリンク

大抵の人がドライバーのボール位置を左足カカトの前にセットするものと思っているでしょう。

このセオリーはほとんどの人が耳にしたことがあると思います。

この左足カカト線上というのが基本のように語られているからでしょう。

なので、当たり前に大抵の人は左足カカトの線上にボールをセットしていると思います。

 

でも、僕としてはこれではボール位置が多少右すぎるような気がします。

ドライバーのボールの位置は左足のカカトの線上というセオリーをそのまま受け取ってもいいのでしょうか?

ちょっと疑問に思いましたので書きます。

 

というのもこれはドライバーの長さに問題があると思っているからです。

昔のドライバーは43インチが主流でした。

パーシモンの時代に言われてきたことなので、今のドライバーは45~46インチなのでだいたい2~3インチは長くなっているのです。

 

それなのにボール位置が左足カカトの線上でいいのか?という疑問です。

ドライバーの長さが長くなった分左足カカト線上ではないと思います。

 

僕はアイアンのようにクラブが短くなるにつれてボール位置を右に移動するようにしています。

アイアンに置き換えて考えてみると、2インチも長さが違うとなると、アイアンなら3番アイアンと7番アイアンほどの差があります。

これが3インチ違ってくるとさらに違います。

3番アイアンと9番アイアンぐらいの差になるわけです。

1インチ違うだけで構えた時の違いは相当なものですよね。

ドライバーの長尺化が一般的になってきた今の時代でボール位置が左足カカト線上というのはちょっとおかしいと思います。

なので、自分に合ったボール位置を探す必要があると思います。

仮にボール位置が適正な位置から2個分、もしくは3個分も離れていたらナイスショットなど望めるはずがないからです。

自分のドライバーの長さに合ったボール位置を見つけてみましょう。

基本的に大抵の人はドライバーのボール位置が右すぎるような気がします。

 

左足カカト線上に置いていたなら少し左に置いて、後ろから見た時にボールが左足で見えなくなっているぐらいの位置に変えてボール位置を調整すると良いのではと思います。

 

ドライバーが長くなった分だけボール位置は左へずらす

 

貴方にとって最適なボール位置を見つけ出す目安について話していこうと思います。

まずは僕の場合の話をさせてください。

僕が使用しているドライバーの長さは43,75インチです。

つまり一般のドライバーの長さよりも1インチ以上は短い作りになっています。

それでも43インチが主流だった時代に比べると約1インチ程度長くなっています。

これはアイアンに例えると2番手ぐらいの違いがあります。

2番手も違ったらボール1個分は違うと思っていいでしょう。

このように考えているので現在の僕のドライバーは昔からのセオリーである左足カカト線上うよりもボール一個分程度左にセットしています。

自分のイメージとしては左足の土踏まずの延長線上ぐらいの感覚です。

なので、45インチ~46インチのドライバーを使っている方は僕の基準としている左足土踏まずの位置よりもさらに左にセットする必要があると思います。

なので、45インチの場合は左足つま先の前あたりだと思います。

46インチになると左足つま先よりもさらに若干左側にセットする必要があると思います。

もちろんスイングのスタイルの違いによりドライバーの適正なボール位置と言うのは個人で異なります。

でも若干の個人差があってもドライバーの長さが変わってきた今の時代昔からのセオリー通りにセットするのもいいですが、自分なりのボール位置を見つけることに注意を向けるのも大切なのではないかと思います。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク