スポンサードリンク

首筋の付け根を軸にしてバックスイングすることに関して抵抗なくできている人もいるかと思います。

僕もその一人だと思います。

バックスイングで肩を90度以上回すことに関しては特に抵抗はないです。

また、意識してなくてもスムーズにその位置まで肩を回すことができています。

でも、多くの方は肩を90度以上回すことができない。

 

なぜでしょう?

でもこれを実現するためのコツがあるので紹介したいと思います。

実は肩の回転を深くするためにはアドレスから工夫する必要があると思います。

 

肩を90度回すためにアドレスで何を必要とするのか?

良くこのように言われてきたと思います。

「スタンスは肩幅に開いて左足のつま先は飛球方向に対して直角よりも30度程度開く、右足はつま先を飛球方向と直角になるようにセットする」

このようにアドレスのセオリーとして言われてきた方が多いのではないでしょうか?

これには多分ですが、こんな解釈ができるのではないでしょうか?

 

スタンスを肩幅にすることで土台となる下半身を安定させることが出来る。

そして、右足を飛球方向に対して直角にセットすることでトップで上半身が捻転されてパワーが貯まる。

左足のつま先を飛球方向に対して直角ではなく30度開くことで、インパクトからフォローにかけて腰の回転がスムーズになる。

 

多分このような解釈ができるかと思います。

しかし、これをそのまま取り入れて実践してみたらどうでしょうか?

うまくいく人もいるでしょう。

でも、うまくいかない人の方が多い気がします。

僕が重要だと思うのはトップの位置で肩が90度ぐらい可能な限り回すことができたら、ダウンスイングからの腰の回転のリードでスイングすることがやりやすくなると思います。

また、飛距離に関しても肩が十分に回って捻転されることによってトップで上半身と下半身の捻転差が大きくなるほどボールが遠くに飛ぶと思います。

 

なので肩の回転はかなり重要だと思います。

でも、これがアドレスで飛球方向に対して右足を直角にして構えたらどうなるでしょう?

肩の回転を阻害することになるのです。

飛球方向に対して右足を直角に構えると肩の回転不足を招くことが多いのです。

トップで肩はあくまで90度回すことを忘れないでほしいのです。

 

トップで肩を十分に回せることが大事

 

僕は首筋の付け根を軸としてバックスイングで肩を90度以上回すことが出来ますが、それは右足の角度を飛球方向に対して直角に構えていないからです。

アドレスで右足のつま先が若干開いています。

肩の回転を十分に行いたいのであれば右足のつま先を若干開いて構えてみると良いと思います。

アドレスの段階から方が十分に回転するためのスタンスを考えることです。

肩を十分に回転させやすくするアドレスのコツは以下になります。

 

  • クローズドスタンスでアドレスする
  • 右足のつま先を開いて両足が逆ハの時になるように構える
  • 肩幅よりも狭いスタンスで構える

これらの3つのうち実践して自分に合ったものを探してみるといいでしょう。

右足を若干右に開くことによりバックスイングを回りやすくしてくれます。

左足を開くことによりフォローをスムーズにしてくれます。

右足を飛球線方向に対して直角に構えても肩が十分に回るならそれでいいでしょう。

でも、それだと肩が十分に回らないという方は肩を回しやすくする工夫が必要です。

なので、これらの3つを試してみて自分に合ったものを見つけてみてください。

それがあなたにとってスタンダードな構えだと思います。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク