スポンサードリンク

クラブヘッドを加速するためにはフェース面のことはあまり考えないようにしたほうがいいでしょう。

 

ドローを打つのを諦める人は体の回転とヘッドの運動量を一緒にしてしまう。

だからたとえつかまったとしても弱々しい弾道で飛ぶドローにはならない。

 

まず飛ばしたいのであれば曲げないことは頭から外さないといけない。

曲げずに飛ばそうと思うのでうまくいかない。

 

飛ばしたいのなら、曲げないことは頭から外して練習することが大事です。

 

曲げないことを考えるとフェース面をスクエアに戻すことに意識が働きます。

このように意識している間は速く振れないでしょう。

フェース面の管理を考えないこと。

 

フェース面の管理を考えてしまったらヘッドはいつまでたっても加速しません。

まずはヘッドの加速を考えることが大事なんです。

 

最初は曲がりそうでこわいかもしれませんが、ヘッドスピードが上がることにより軸が安定してきます。

 

コマを想像してください。

速く回るコマほど安定していますよね。

 

つまり速く回るほど軸ぶれしにくいわけです。

ハンドファーストに構えることでインサイドアウトに振りやすくなりますが、ヘッドを走らせないことには本物のドローは打てません。

 

ではヘッドを走らせるためにオススメのアドレスを紹介しましょう。

 

ドローを打つためには体を閉じたまま振るということ。

 

つまりシャフトがなぞるスイングの面が右に向く必要があります。

なのでまずは、発射台となるアドレスを作ることが大事。

ヘッドを走らせるのはその後からです。

アドレスで左手をだらーとさせて右手を左手に寄せる形で横から握ります。

そうすることで、自然と右肩が下がり上体の軸を少し右に傾ける逆K字の形になります。

 

また、手元を少しだけ目標よりに出すことにより右肩が下がりクラブが通るスイングの面を右向きにイメージしやすくなります。

つまりヘッドを低い位置から入れやすくなります。

最初の1月ぐらいはインサイドアウトに振りまずはボールを右に飛ばすことから始めることです。

 

 

まだこの時に右に出て右に曲がっていったとしても大丈夫です。

 

右に出すことが大事なので半分できていると思っていいでしょう。

これを繰り返し行い右に打ち出す感覚を覚えていくことからはじめましょう。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク