スポンサードリンク

ゴルフのアドレスで大事な前傾角度について話をしていこうと思います。

あなたは前傾角度を意識したことはありますか?

ある程度ゴルフをしていると正しい前傾角度が出来ているか気になるところだと思います。

 

前傾角度を正しく取ることがゴルフスイングの上達に欠かせないポイントだと思います。

前傾角度が起き上りすぎてもいけませんし、逆に深まりすぎてもいけません。

 

前傾角度というのはゴルフのスイングプレーンを安定させるためには重要な項目だと思っていいでしょう。

 

スイングプレーンを安定させるためには正しい前傾角度を作る必要があります。

そして、その正しい前傾角度を作るためのポイントについて話していこうと思います。

 

それは両わきにあります。

まずは体の正面で肩の高さでクラブを持ってみましょう。

その状態から腕とクラブを同時に腰の高さまで下してみましょう。

こうすることによって両わきが自然に締まった状態になっているかと思います。

そして、ここから股関節を支点にクラブのソールを地面につけるようにして前傾してみましょう。

あとは両ひざを軽く曲げることで理想的な前傾角度を作ることが出来ます。

なんとなく前傾角度を作るのではなくて正しい手順をたどって行うことによって正しいプロのようなアドレスを作ることが出来ます。

なのでまずはこのルーティンを繰り返し行って正しい前傾角度を作れるように心がけてみましょう。

 

重心がかかとにかかりすぎている場合は体が起き上ったアドレスになりますし、逆に腰から曲げて前傾を作ろうとしたら今度は股関節に体重が乗らないということになります。

 

また、胸を張りすぎると上半身に力が入りますし、前傾角度を正しく作ることが出来ません。

ボールの少し上を見ながら前傾させることによって適正角度の前傾に合わせやすくなります。

 

前傾したときに少しだけお尻の上あたりに張りを感じるぐらいが正しく前傾できている証拠になります。

前傾は股関節を支点にして行うのが基本です。

股関節にクラブなどを当てながら行ったら感覚がつかめやすくなります。正しい前傾角度を作ることは正しいアドレスの形につながります。

正しいアドレスの形ができたら、今度は正しくスイングプレーンを安定させることができるのでアドレスでの前傾角度というのは大事なポイントとなります。

それではおさらいです。

以下の手順で正しい前傾角度を作れるように練習してみましょう。

 

1、肩の高さで胸の前にクラブを構え両足はそろえたままで直立した状態をキープします。手元とクラブは体の中心に来るように構えます。

2、両腕とクラブを一体化させて手元が腰の高さになるようにしてゆっくりと下げます。この時に両わきが自然に締まった状態になるようにします。

3、上半身の形を変えないままヘッドのソールを地面に近づけます。このときに腰を曲げるのではなくて股関節を支点にして前傾させていきます。

これらの手順に沿って練習することによって正しい前傾角度を作れるようになります。

僕がゴルフを始めた当初はカカトに体重がかかり上体が起きた状態で正しいアドレスの形ができていませんでした。

それもあってスイングプレーンを安定させることができませんでした。

スイング中に崩れない前傾角度を作ることによりスイングプレーンは安定します。

スイングプレーンが安定しないという場合は正しい前傾角度ができていない可能性があるので今一度確認してみることをお勧めします。

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク