スポンサードリンク

今回はドライバー上達のためのコツを紹介したいと思います。

 

ドライバーはアイアンなどほかのクラブと違いシャフトが長い分ボール位置がおのずと左足寄りになります。

 

セオリーとしてよく言われるのはドライバーのボール位置は左足かかとの延長戦上になります。

よくゴルフの本に書かれていますし、ちまたでも耳にタコができるぐらい言われてきた人もいると思います。

 

このドライバーのボール位置を疑わずに実践されている人多いと思います。

 

でも、実はドライバーのボール位置は左足カカト線上ではなく、左ワキの下延長線上のほうが安定したアドレスが作れると思います。

 

それはどうしてか?

 

左足のかかと線上を守ってスタンスを広げると軸が右へと傾いてしまいます。

軸が右へ傾きすぎるとスイングが安定しない。

 

一方で左ワキの延長線上であればスランスを広げて構えても軸の傾きを適正にキープすることができるのです。

そのため、回転軸が理想的なものとなり、きれいな回転軸を作りやすくなります。

 

スタンス幅は広げれば広げるほど軸が右へ傾きやすくなります。

そのためスイングが安定しないのです。

 

軸が倒れやすくなりますからね。

 

左ワキ下にボールを置いて構えることにより、インパクトも左ワキ下に合わせやすくなり、突っ込むことなく体も開きません。

 

なのでスイング中は左ワキの意識を持ったままスイングすることをおすすめします。

 

そうすることによりダウンスイングで左ワキが開きにくくなるからです。

左ワキが開きづらくなることによりあおり打ちも解消することに繋がります。

hwig4w

 

体が突っ込んでしまう癖がある人にはお勧めだと思います。

 

あの松山英樹プロのボール位置も左ワキ下の延長線上にあります。

 

アドレスで軸が傾かなければスイング軸が理想的な回転軸になります。

 

ドライバーが上手く打てないという場合は、ボール位置を左足かかと線上から、左ワキ延長線上に変えてみるのも一つの手かと思います。

 

しっかりと軸で回転できるようになるとスイングが安定するのでボールの方向性もよくなります。

安定したスイングは自然と方向性も高めてくれますからね。安定したスイングを身に着けたいなら僕がメルマガでその方法を教えています。

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク