スポンサードリンク

今回はゴルフのアドレスに関するお話をしていきます。

 

ゴルフはアドレスがとても大事だと思います。

 

アドレスがへんてこなら、その後のスイングに影響してスイングもへんてこなスイングになってしまうからです。

なのでアドレスでのセットアップ(構え)というのはその後のスイングに良い影響を及ぼすのか、悪い影響を及ぼすのかで大きく変わってくるのでアドレスをしっかり意識して構えるという基本をしっかり理解したうえでゴルフスイングを作っていくことが大事だと思います。

多くの方はアドレスの作り方に基準を持っていないようです。

 

猫背や、お尻が出すぎている。

また、膝が曲がりすぎるアドレスはクラブの手上げを助長して、ミスショットのもとになります。

テークバックやトップの位置などを気にする人が多いようですね。

でも土台となっているアドレスをしっかり作るほうがスイングがよほどよくなると思います。

僕の基準としてはまずはグリップをしてクラブを胸の正面に構えることです。

そして、そのまま腕を下してワキがしまったところでシャフトは地面と平行になるのです。

 

そして、お尻がかかとより外に出ることないようにします。

 

この時に股関節を軸にして上体を傾けるようにすることが大事です。

 

アドレスの作り方としてはルーティン化して再現性の高いアドレスを作るように心掛けましょう。

 

まとめると、

 

1、クラブを上から下してワキがしまったところでシャフトが地面と平行にする

 

2、お尻がかかとよりも後ろに出ないようにして股関節から上体を前傾させること

 

アドレスで前傾してから膝を曲げると背筋が曲がります。

前傾してからクラブをセットすることにより頭が下がって背筋が曲がった構えになりやすい方が多いようです。

 

背筋が曲がってしまっているとクラブを手で上げやすくなってしまいます。

クラブを手で上げやすくなってしまったらスイング軌道がカット軌道になりやすくなる。

 

これがミスが多い人のアドレスに共通していることでもあります。

 

目線を高くしておくことによって自然に背筋が伸びるアドレスが出来上がります。

 

そして、膝も伸びてお尻が出すぎないアドレスの形を作ることができます。

以下の画像は横島由一プロがアドレスについて解説している画像です。

owrgtg4

猫背になりすぎることなく、また胸を張りすぎることもなく背筋が伸びたアドレスができているのが分かると思います。

猫背のアドレスになってしまうとカット軌道になってスライスが出やすくなるのでスライスで悩んでいる人はアドレスで極端な猫背になっていないか?を確認してみましょう。

 

自分のアドレスを見るとなると鏡が必要になると思います。全身が映る鏡を前に自分でアドレスの形を確認してみることも大事かと思います。

 

ゴルフでアドレスは基本ですよね。アドレスをしっかり学びたいならその方法をメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク