スポンサードリンク

アドレスのボール位置をどうやって決めているか?

今回はボール位置に特化して紹介したいと思います。

それおれプロのボール位置を参考にしてみるといいかもしれませんね。

番手ごとに微妙に変わるのがボール位置ですね。

ミスが出たらボール位置を疑ってみるのもいいかも。

ボール位置が変わったらアドレスも変わります。

そして、スイングも球筋も変化します。

正しくセットすることがナイスショットを生み出す絶対条件となります。

でも、アイアンんは番手によってボール位置が変わります。
そして、「パワーヒッターは右足寄りに置いて上からたたき、スインガータイプは左足寄りに置く傾向がある」

これはスイングタイプによって異なってきます。

だからこそアイアンのボール位置は難しいです。

また狂いやすいです。

毎日ボールを打っているプロは経験と感覚から自分の基準を知っています。

でも感覚に頼るのは不安があると思います。
ではどうしたらいいのか?

右足基準なのか?

左足基準なのか?

これによってボール位置は変わるでしょう。

i4t4tr8w
・正岡竜二プロの場合

9Iで右足の親指の内側の前が基準、番手があがるほど左へずらし5Iでスタンスのほぼ中央です。

右足寄りにセットすると右サイドでボールをさばきやすくなりインパクトゾーンが長くなります。

9Iで右足親指の内側の前に置くのが自分の基準。そこから番手が上がってシャフトが長くなるにつれて少しずつ左にずらしていく。
それは右アサイドでボールをさばきたいから。
・塚田陽亮プロの場合

スイングのタイプやライの状況によってボール位置は変わるもの。
人それぞれ違いはあるが、僕の場合は7Iでスタンスの中央。
短い番手になるに従い右足に寄せていきます。

ボールが左足に寄りすぎていると手元が先行しすぎてスライスやひっかけが出やすくなる。
ボール位置がセンターから右足寄りで手元がインパクトでアドレスのポジションに戻りやすい。
・片岡大育プロの場合

ドライバーからウェッジまで左胸の前。
フェードが持ち球の僕は全体的に左足寄りにボールを置いてイメージを出している。
基準は左胸の前になる。
左寄りにセットすることによって低い位置からヘッドを入れたいという意識が出る。
・木戸愛プロの場合

全番手一緒の左足かかと内側。
ウェッジの時にスタンスの中央にボールをセットする。
クラブが長くなると左足を固定したまま右足を動かして調整している。
なのでボール位置は全番手共通となる。
左足のかかと内側となる。
・上平栄道プロの場合

ウェッジでスタンスの中央。
そこから番手が上がると左足に寄せていく。
左足を基準にしてドライバーなら左足かかとよりボール1個分内側。
短くなるにつれて左足から離していく。

一番短い番手のときにスタンス幅の中央にくるイメージとなる。
・渡邉彩香プロの場合

7Iでヘッドをスタンスの真ん中。
番手ごとにボール位置を変えてはいますが、「この番手は絶対にここ」というように意識してはいない。
しいていうなら7Iでヘッドがスタンンスのセンター
ドライバーで左足のかかと内側です。
このようにプロはそれぞれボール位置が異なることが分かるかと思います。

自分に合ったボール位置を見つけることがミスショットを防ぐ近道だと思います。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク