スポンサードリンク

2385eee2f4004c3b323348fff8b6d1b8_s

 

ゴルフ侍トシです。

 
今回もあなたのゴルフ上達のためにお願いいたします。

 

 

というわけで、今回のテーマは【アプローチは転がす方が簡単だし、寄る】です。

 

 
あなたもスコアアップのために今回の内容はぜひ覚えておいていただきたいと思います。

 

 

青木功プロが

「パターで転がせないか」とまず考えいたのは、
ミスが少ないからではなくて、転がした方が距離感が合いやすいからです。

 

 

例えば、全英オープンなどで開催されるリンクスコースでは
テレビ中継を見て思う事ですが、
パターで転がすプロが多いということ。

 

 
これは地面が硬いためにSWではバンスが弾かれるなどのミスが起きやすいからです。

 

 

また、グリーンの起伏が大きいのでボールを上げた場合、落としどころをひとつ間違ってしまったらポットバンカーとか、とんでもないところに行ってしまうからです。

 

 

その点、パターであれば打ち出す方向させ間違うことなければ、後は距離感だけの問題になりますので特別な技術はいらないわけです。

 

 

間にバンカーなどの障害物がなくて、自分の距離感というのは高いボールより低いボールのほうが合います。

 

 

たとえば、あなたが30ヤード先のカップにボールを放り投げて寄せようとしたときに

 

どんなボールを投げますか?

 

おそらくは誰もロブショットのような高いボールは投げないと思います。

 

 
放物線のたかさはせいぜい1メートルぐらいで、下投げで、できるだけ低いボールをカップの手前15ヤードくらいの地点に落下させてあとは転がりながらカップに寄っていく。

 

 

そんなイメージでボールを投げる人が圧倒的に多いはずです。

 

 
ボールを高く上げては距離感が出ずらいので、
手で投げる場合もクラブでボールを打つ場合も全く同じ。

 

 
それもできるだけ早くボールをグリーンに落下させて転がる距離を長めに見た方がミスが少ないです。

 

 

だから青木功プロはパターが無理なら6番アイアン、6番アイアンが無理なら7番アイアン・・・
このようにキャリーさせる距離が短くて済むクラブから考えていたというわけです。

 

 

スコアアップを望むのであれば、ショートアイアンの転がしは絶対にマスターしておいてください。

 

 
打ち方はパターのようにコツンと当てるだけですからね。

 

 
番手別の距離感さえつかんでおけばOKです。

 

 

これだけでもあなたはたちまちアプローチの達人に生まれ変わることができますよ^^

 

 

プロのアプローチが低く出て、ピタっと止まる理由

 

カップまで30ヤード。アドレスに入ったプロがSWをすっと上げて振り下ろす。

 

 

ボールはギャラリーがイメージしていたスピードよりも速く、しかも低く飛び出していきます。

 

 

「あ、これは大きんじゃないの?」って思っても次の瞬間にボールはカップの手前5~6ヤードの地点に落下して。

 

 
そこからブレーキがかかったかのようにOKに寄る。

 

 

トーナメントを観ていたギャラリーは、ワッ!と沸き立つわけです。

 

 
ではどうしてプロの放つアプローチはあんなにバックスピンがかかっているのか?

 

 

それはゴルフボールにスピンがかかる仕組みを知っていたら、すぐに理解できます。

 

 

アマの場合は、スピンをかけるというと、SWのフェースを開いて
カット打ちする人が多いです。

 

 
たしかにその打ち方でもスピンはかかります。

 

 
でも、プロのような低い弾道にはなりません。

 

 

フェースを開いたらロフトが大きくなるからです。

 

 

ボールが上がる。

 

 

この打ち方はスピンではなくて、むしろボールを高く上げて止める打ち方です。

 

 

でも、ボールを高く上げても距離は出しづらいです。

 

 
ボールを低く出してなおかつスピンをかけるためには、
まず、フェースは特に開くことはないです。
そしてスピンをかけるためには
・入射角がシャロー(鈍角)
・グリップの位置を低く保つことでボールをより長くフェースに乗せることができる

 

 
つまり意識としてはダウンブローでボールをつかまえるという事です。

 

つまり低いフックボールを打つイメージになります。

 

 
間違ってもすくい打つイメージとか横から払い打つようなイメージではないです。

 

 
これではスピンがかかりませんからね。

 

 

また、インパクトを緩めてもダメです。

 

 

少しくらいオーバーしてもいいという気持ちでヘッドを加速させるればOKです。

 
では、おさらいです。

 

 

 

スピンのかかった低いボールを打つためには
・低くヘッドを入れて、低くヘッドを抜いていきます。そして、フェースにボールを長く乗せることをイメージして打つことです。

 

 

これができたらアプローチで低くスピンの効いた球を打てるようになります。

 

 

あなたもぜひアプローチに慣れてきたという場合は実践してみてください。

 

 

というわけで、今回の内容は以上になります。

 

 

最後にあなたが短期間で80台、70台を当たり前に出していきたいという場合、
そのスイングを作る詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

 
再現性の高い正しい体打ちスイングを作れますよ。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ
メルマガではサイトには書けない濃い内容を伝授しています。

 

repoto
スポンサードリンク