スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。

あなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。
というわけで、今回のテーマは【クラブヘッドを回す動きを入れることでダフらなくなる】です。

 

クラブというのはどうしてもフェースの後ろ側が重たいわけですので、普通にフェースをボールに対してスクエアに当てに行こうとすると重たい方が先に地面に落ちやすくなりますのでボールにフェースが当たる前にクラブフェースの後ろが地面に落ちてダフリやすくなります。

 

これはクラブの作りを考えてみると分かることです。

 

今まであなたがクラブの作りを考えたことがないという場合、フェースの後ろの方が重たいということも知らなかったという場合が多いでしょう。

 

僕は昔練習中にクラブが折れたことがあって、それではじめてクラブの作りを詳しく知ることができました。

 

 

クラブというのはヘッドが重たく、シャフトはめちゃくちゃ軽くできています。

そして、もっと詳しく言うならヘッドはフェースの後ろ側が重たくできています。

 

このクラブの作りの特徴を知ったらアプローチショットで
あなたがよくダフってしまうという場合、「フェースをボールに対してスクエアに当てに行こうとする意識が強ければ強いほど、フェースターンが行われなくなり、フェースの後ろ側が地面に先に落ちてダフリやすくなる」ということが理解できると思います。

 

ちょっと動画でその辺の意味を詳しく解説していますのでご確認ください。

 

動画でお伝えしていますように、これがフェースターン(フェースが開閉)の動きになります。

 

 

これであなたもダフってしまうという意味をより理解いただけたと思います。

 

きっちりフェース面をボールに対して直角に当てに行こうと思えば思うほど実はダフリやすくなっているということです。

 

だから以前お伝えしましたように、大人になってからゴルフをはじめた人は、
この考えの元、練習を重ねていきますのでゴルフが上達してくれないということです。

 

でも、これが分かってきたら「前腕を回転させる」という意味もその大切さも分かってくると思います。

 

なので、当たり前にフェースの後ろが重たくできているクラブは動画でもお伝えしていますように、もともと開きやすくできています。
開きやすくできているクラブをボールに対して直角に当てに行こうとすると、同然インパクトがシビアになってしまいます。
シビアになるという事は、ちょっとミスればダフってします。
ヘッドの後ろが重たいので地面に落ちやすいのでダフってしまう確率が高いわけです。
なので、そんなもともとダフリやすいものをボールに対してきれいに直角にフェースを当てに行こうとする方がリスクが高いわけです。
クラブフェースを回転させるようなイメージでインパクトを迎える方が球をきれいにダフらずにとらえる確率が飛躍的に上がります。
クラブの作りでもこういったちょっとした考え方によって、ダフってしまうというミスを劇的に減らすことができます。

 

あなたがダフってばかりいるという場合、
アプローチでもそうですが、ボールに対してフェースを直角に当てようとする意識が強くないか振り返って胸に手を当てて聞いてみてください。
おそらくインパクトでボールに対してクラブフェースを直角に当てようとしていると思います。
まずはこの考え方を捨てましょう。

 

そうすることで、しっかり球をとらえることができるフェースターンというものがいかに効率よくダフらずに球を飛ばせるかが分かってくると思います。

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて

80台、70台を当たり前に出していきたいという場合

その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ上達ノウハウ垂れ流し無料メルマガ
70台が当たり前になる再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着けることができます。

repoto
スポンサードリンク