スポンサードリンク

アプローチショットの距離感の掴み方はとにかく練習することが大事。

スコアを縮めるためにはアプローチショットを極めることをお勧めします。

ドライバーでいくらいいショットをしても、アイアンのフルショットいくらボールを正確にとらえることができてもゴルフはアプローチショットが上達しないことにはなかなかスコアが縮まってくれません。

 

なのでアプローチショットの重要性を理解して練習しゴルフ上達のために役立てましょう。

アプローチショットの距離感を身に着けるには自分のバックスイングの大きさと距離感の関係を掴むことがポイントとなります。

 

距離感というのは練習することでわかってくるものなので練習なしでいきなり20ヤードや30ヤードを打ちなさいと言われてもうまくいかないのは当然のことだと思う。

 

アプローチショットはノーコックでだいたいクラブが上がるのは腰の高さまでなら比較的に簡単なのですが個人差はあると思います。

ノーコックでアプローチはせいぜい30ヤードぐらいまでだと思います。

なのでまずはノーコックでのアプローチショットの練習をお勧めします。

だいたいノーコックで10ヤードぐらいの距離を打つ練習がおすすめですね。

スタンスに関してはややオープン気味で体重配分は6対4ぐらいで左足体重がいいです。

そして、下半身はできるだけ使わずにバックスイングの大きさを意識しながらショットをしてみます。

 

この時に気を付けることですが左ひじがぬけないようにすることがポイントです。

アプローチの基本でもお話ししましたが左ひじが抜けないように左右対称のスイングを心がけてください。

どうしても左ひじが抜けてしまうという人は左脇にタオル挟んでの練習がおすすめですね。

左わきに挟んだタオルが抜けないように練習するといいでしょう。

左脇にタオルなどを挟んでのアプローチ練習はシャンクなどに悩んでいる人にも有効だと思います。

そして、10ヤードの距離感がつかめたら今度は徐々に距離を伸ばしていきましょう。

10ヤードの次は20ヤード、30ヤードと距離を伸ばしていきましょう。

そしてそれぞれでバックスイングの大きさがどの程度のものなのかをつかんでいきます。

 

30ヤードまでノーコックでアプローチできるようになったら今度はコックを入れて50ヤードを打ってみましょう。

この時に重要となることですが、30ヤード打つのに50ヤードのバックスイングをしてインパクトで力を緩めることはよくありません。

こうなると距離感がつかめなくなってしまいますので常に一定の力でショットできるように心がけることをお勧めします。

まずはノーコックで30ヤードの距離感をつかむという事がポイントとなります。

ノーコックでバックスイングに応じた距離感をつかむ練習を繰り返すことをお勧めします。

 

30ヤードまではノーコックでも届きますが、50ヤードとなるとノーコックでは届きません。

コックしないと届かない距離が50ヤードです。

30ヤードまでなら比較的やさしいのですがアプローチで難しくなるのがコックを使っての距離感になりますのでコックを使いだした途端にダウンスイングで手がほどけてしまったりクラブを出しに行ってしまったりすることになります。

または下半身が動いたりそうなると難しくなります。

でも、この50ヤードのアプローチがうまくなって確実にグリーンに乗るようになるとゴルフ上達が著しく進歩します。

 

50ヤードのアプローチを確実にグリーンに乗せることが出来るようになるとスコアが変わってくることが分かります。

なのでそのためにはいきなりコックを使うのではなくてまずはノーコックで左右対称のショットを覚えること。

そしてボールだけをすくっていくイメージで打てるようになることです。

これを何度か繰り返し行ってショットの精度を高めていきます。

50ヤードは1,2,3のリズムで打ってみるといいでしょう。

たいていの人はコックを使ったら打ち急ぐ傾向があります。

なのでノーコックでゆったりとしたスイングをすること。

それからコックを入れたスイングに移行していくことをお勧めしています。

また50ヤードの距離感も自分のバックスイングの大きさを覚えるようにします。

だいたい50ヤードがどれぐらいのふり幅なのか?

この50ヤードのふり幅が自分の中でつかめてきたらスコアが劇的に縮まります。

なので、練習場でひたすらフルショットの練習をするのではなくて、必ずアプローチショットの練習も取り入れましょう。

この50ヤードのアプローチショットの練習をフルショットの練習と同じぐらいの球数で取り入れることをお勧めします。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク