スポンサードリンク

 

ery35y5y5

今回は逆目のラフからのアプローチショットについて説明していきたいと思います。

逆目は個人的にはかなり難しいと思います。

 

このようなケースの場合はボールにクリーンにヒットさせようと思うと、どうしてもトップしやすくなります。

ポイントとしてはクラブをボールの下に入れてしまうのでボールの手前からクラブを入れて芝ごと一緒に持っていくようなつもりでショットするのがコツです。

 

逆目のラフでのアプローチショットでは基本的に使用クラブはSWになります。サンドウェッジですね。

でも、ピンまで距離がある場合などはなにもSWにこだわることはないと思います。

状況に応じてクラブを上げることも必要なことだと思いますし、ショットの基本ができているなら十分に抜け出すことができると思います。

逆目のラフからは実際はバンカーのようなイメージで打ちます。

なのでスタンスはオープンにしてクラブフェースを開いてハンドファーストの形でアドレスします。

体重配分はやや左足にかけてしっかりした下半身を作ります。

しっかりしたアドレスができたら、あとはその土台を崩さないようにしてボールの手前の5センチぐらいを狙いクラブを入れていく気持ちで打っていきます。

 

このような逆目のラフからのアプローチでは一番重要となってくるのがソールがボールの下に入るかどうかの判断が大事ですね。

例えば、もしもボールが少しでも浮いているならば、先ほどの打ち方で十分脱出することができます。

でも完全に沈んでいる状態にあるなら当然ソールが抜けませんのでこちらのページで紹介したようにインパクト後に振りぬくことなくクラブを引き戻すようにして打ちます。

状況に応じてショットしていくということが大事ですね。逆目のライでは10ヤードの距離なら20ヤード打つつもりでショットします。

そして、ボールの手前5センチぐらいからクラブを入れてソールを走らせる。

クラブが先に抜けてからボールが後ろから出ていくようなイメージです。

 

もちろんこれは結局ダフっているということになります。

なのでもしもピンまでの距離10ヤードなら20ヤードぐらいを打つ気持ちでショットする必要があります。

なので実際ショットする前に必ず素振りをすること。

そしてヘッドの走りなどをチェックすること。

おっして距離に応じた自分のスイングの振り幅を確認することが大事です。

逆目の場合はインパクトで緩んでしまったらクラブがスムーズに抜けなくなります。

なのでインパクトで絶対に緩まないようにしましょう。

逆目に負けないようにしっかり打とうとして体を前に突っ込ませたりするとボールを無理に上げようとして手首をこねてしまうことになります。

そうなるとしゃくり打つ形になってしまいます。

SWはバンスがあるので自然にはじくので無理にボールを上げようとする必要はありません。

クラブヘッドをボールの下に走らせることができたらボールは自然と上に上がります。

逆目のラフからスムーズに打てるようになるためには、まずはだるま落としの要領でショットする練習をされるといいでしょう。

ボールを飛ばすのではなくて、完全にクラブをボールの下に通してしまうこと。

このようにしてクラブヘッドをボールの下に滑らせる感覚をつかむことで逆目のラフからでも確実にピンに寄せるショットのコツを覚えられると思います。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク