スポンサードリンク

アプローチショットの中で最もやさしいのがランニングアプローチです。

ランニングアプローチができてからほかのアプローチショットの打ち方を学ぶべきだと僕は思います

例えばですが、グリーン面が柔らかくてPWなどで打ったらボールが止まってしまうときなど、7番アイアンなどの大きめのクラブを使ったほうがいいと思います。

 

そして7番アイアンのような大きめのクラブでランニングアプローチができてくるとプレイの幅が広くなりますからね。

なのでランニングアプローチはぜひとも覚えておきたいテクニックの一つです。

7番アイアンでもパターの延長のつもりで打つことが基本ですね。

アプローチの基本でもお話ししたのですが、やはり通常のショットの癖で左腕が突っ張ったかまえになりがちなのでこうならないように、パターを打つつもりでアドレスを取ります。

ソールをパターの要領で滑らせることがカギとなります。

 

また、7番アイアンともなるとロフトが当然たっています。

PWであるならキャリーで距離の半分ぐらいを稼ぐことができると思いますが、7番アイアンなら4分の1がキャリーとなり4分の3がランになると考えたほうがいいでしょうね。

なのでまずは練習では7番なら7番アイアンの転がし方を考えることです。

もしくは5番なら5番アイアンなりの転がし方をつかむこと。

どこまで転がっていくのか?しっかりと距離感をつかんでおく必要があります。

 

パターのようなイメージで状況によってクラブを選択していくというわけです。

パターの要領で打ってあとはロフトが仕事をしてくれますのでロフト通りに打てるようにボールはだいたいスタンスの真ん中において素直に打っていくといいと思います。

 

7番アイアンでもあくまでパターの延長のつもりでアドレスをして芝の上を滑らせるように打つこと。

このようにランニングアプローチを使ってうまくピンにからむことができるとスコアが劇的に縮まります。

 

ランニングアプローチになれてきたら今度は低く出て止まるアプローチを試してみるといいでしょう。

 

低く出て止まるアプローチは僕としてはランニングアプローチの延長だと思います。

というのもそれほど難しくないからです。

 

ボールを右めにおいてクラブフェースは開いておく。この状態でクリーンヒットしたら自然とトップスピンがかかります。

それでもスピンがかからない場合はクリーンにヒットしているようで多少ダフっていることが原因だと思います。

もしくはインパクトでフェースがかぶってしまい逆にオーバースピンがかかっていることが多いからです。

 

なのでそうならないためにもアドレスとインパクトでは手首の角度を変えないようにしてショットすることがポイントとなります。

また、ボールを右めに置いてフェースは特に開かずに普通に上からトンっと落として打つ方法でスピンの利いたボールを打つことができます。

 

つまりクラブフェースガアドレスの形通りにまっすぐに当たりクリーンに打つことができたらだれでもスピンがかかります。

 

ここで注意したいことですが軸がブレないことを言ってますが、これとフォローで左ひじが抜けないことに注意してください。

この二つさえ守ることができたらアドレスでロフト通りにボールをとらえることもできますし、スピンが利いたボールを打つことができると思います。

 

 

また、1つの練習方法として飛球線に対して平行にクラブを2本おいてその間をクラブが走るようにアプローチショットしてみるといいでしょう。

このときにテークバックやインパクトでフェースの向きが変わらないようにしてまっすぐにクラブを引いてまっすぐにクラブを出していくということです。

 

この練習をしていくとアプローチショットが飛躍的に上達すると思います。

ランニングアプローチと低く出てキュっと止まるアプローチショットのコツをお話ししました。

まずは、アプローチの基本となるランニングアプローチから試してみることをおすすめします。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

repoto
スポンサードリンク