スポンサードリンク

よくサブグリーンの脇にボールがいってしまったときなど左足下がりでのアプローチが要求されることがありますね。

この場合は左足下がりでありながらもグリーンが上っていることが多いのでどうしてもボールを上げたいという気持ちが先行してしまいます。

そのボールを上げたいと思う気持ちがミスショットを産んでしまうのです。

 

なので左足下がりの基本としては前にも触れましたが、スタンスをオープンにして体重を左に乗せてスイング軸も左寄りにすること。

 

そして、そのスイング軸の通りに回転することが大事。

そして、アプローチの場合にはコンパクトなスイングでライに沿ってソールを滑らせるようにすることがポイントとなります。

ボールを無理してあげようとしなくても大丈夫。

ソールが滑ってくれるので傾斜に沿ってソールを滑らせれば自然に上がってくれます。

左足下がりのアプローチが上手くいかない原因としてはだいたい2つに分かれている。

一つは体が前に突っ込んでしまってフェースがかぶってボールをひっかけてしまう場合。

 

そして、もう一つはボールを無理してあげようと思って右側に体重がのこってダフってしまう。

 

なのでこれを修正するための練習として前に突っ込んでしまう人の場合にはアドレスで左足かかとを上げてつま先たちのままショットするということです。

 

そうすることによって体が前に出ていかないようになるのでクラブヘッドがライに沿って抜けるようになるのです。

 

逆に右足に体重が残ってしまったらダフりやすくなります。

なのでこのような人は今度は右足をつま先立ちにしてショットしてみるといいでしょう。

もちろんこれは練習として行うこともいいですが、実際にコースに出て行ってもいいと思います。

もちろん左足下がりのアドレスがしっかりとれているということが前提になります。

 

左足下がりのライでのアプローチではしゃくりあげるようにして打ってはいけません。

基本的にボールを上げることはまず考えないことが大事です。

極端な左足下がりのアプローチショットでは傾斜に沿って振るためにアドレスで右足を後ろに引いて構えるといいでしょう。

 

左足下がりのライでのアプローチはSW(サンドウェッジ)を使用します。

ボールの位置は右足つま先の前にセットします。

そしてクラブヘッドの入れ方が重要なポイントとなります。

クラブフェースを開いてインサイドからボールをすくいに行ってしまうと傾斜が坂になっているのでダフってしまいます。

 

なのでクラブヘッドの軌道としては外側から、つまりアウトサイドインの軌道で傾斜に沿ってヘッドを滑らせていきます。

何度も言いますがボールを上げに行こうとせずにアウトサイドインの軌道でしっかりと振りぬくことがポイントになります。

 

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク