スポンサードリンク

アプローチの打ち方の基本的な考え方について話して行こうと思います。

 

グリーン周りもそうですが、グリーンまで残り30ヤードぐらいの距離が苦手な人は意外に多いのではないでしょうか?

 

昔の僕もそうでした。

ドライバーでフェアウェイキープ、2打目のアイアンでナイスショット。

 

グリーンまで残り30ヤードほど残しピンそばに寄せてバーディーもしくはパー狙いが可能な状況まで来ました。

 

しかし、残り30ヤードの距離を寄せきれず・・・

 

バーディーチャンスが一瞬にしてボギーもしくはダボ・・・

残り30ヤードの距離に何度も泣かされてきました。

 

ショットが良くてもアプローチが下手だとスコアが崩壊します。

 

打ちっぱなしに行くとほとんどの人がショットの練習はするもののアプローチの練習はほとんどしません。

 

確かに打ちっぱなしでショットの練習をメインにしたくなる気持ちはわかります。

 

しかし、スコアアップを目指すのであればショットも大事ですがアプローチの練習に力を入れるほうが近道だと思います。

 

アプローチが上手くならない限りはスコアアップは難しくなります。

 

そこでアプローチが苦手な人に共通する打ち方の悪い癖があります。

 

それはボールの行方が気になってすぐにヘッドアップしてしまうこと。

 

もう一つはアプローチショットでも前傾角度をキープすることは大事ですがそれができてない人。

この二つがあげられます。

 

たいていの人に共通して見られます。

僕もアプローチに苦戦していた時はこのような悪い打ち方をしていました。

カップのほうばかりが気になってインパクトまでしっかりボールを見ていないと決まってアドレスでできた前傾姿勢が崩れます。

 

こうなると上体が伸びてインパクトを迎えますのでダフったりトップすることが多いです。

残り30ヤードの距離でダフってチョロしたりトップしてグリーンを大きく超えてしまったりするともう悲しいというか、呆然としてしまいます。

 

結局次のアプローチでグリーンに乗せても1打損というか、前のナイスショットの意味がなくなります。

こうならないためにも、やはりアプローチの練習はしっかりすることです。

グリップは短く持って、アドレスはインパクトの形を作っておくため左足体重にします。

 

割合的には6対4ぐらいで左足体重です。

ボール位置はスタンスの真ん中からやや右足寄りです。

スタンスは狭く両足の間が拳一つぐらいの感覚がいいでしょう。

テークバックはインサイドに上げないように気をつけます。

インパクトまでしっかりボールを見ること。

そして、フォローまで前傾姿勢をキープすること。

 

これができてくるとアプローチが次第に上手くなってきます。

 

アプローチショットでのミスの原因はたいていが前傾姿勢が崩れることにあると思います。

 

もちろん距離感も大事ですが、これに関しては練習して自分の感覚を磨くしかないと思います。

アプローチの練習をしない人は距離感がわからずにミスしているケースも多いです。

なので僕としては打ちっぱなしでショットの練習をするのもいいですが、アプローチの練習に力を入れるほうが早くスコアアップが可能となりますのでそちらをおすすめします。

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク