スポンサードリンク

最近練習場でアプローチショットばかり練習しているユタカです。

ショットの練習が8割でアプローチの練習が2割程度でしたが、今はアプローチの練習が8割でショットの練習は2割程度です。

最近アプローチの練習が楽しくなってきたのものありますが、フルスイングの基本となる小さいスイングの練習量を増やす方が結果的にフルスイングも良くなるという事が分かったからです。

というわけで、今日はアプローチショットで初心者の方が最も多いグリーン周りのざっくりの対処法としてある打ち方を紹介したいと思います。

アプローチでザックリをなくすためにどうしたらいいか?

アプローチでグリーン周りのざっくりをなくすためにみなさん工夫されていると思います。

ざっくりのミスを減らして寄せるためにはウェッジが持つ特性を知ることも大事ですね。

ざっくりせずにスピンもかかってピンに寄るアプローチショットのコツについてお伝えしていきたいと思います。

 

この打ち方はグリーン周りのざっくり恐怖症になっていわゆるアプローチイップスの方にも役に立つのではないかと思います。

 

 

昔の僕はグリーン周りでよくざっくりしてしまいピンにうまく寄せることが出来ませんでした。

打ち方にも問題があったのですがウェッジの特性を理解していなかったこともざっくりの原因であったと思います。

 

まずグリーン周りでのミスを減らすためにはウェッジの性能を100%発揮してあげるといいです。

そうすることでざっくりなどのミスが激減します。

 

そのためにはフェースの開閉を使って、バンスを使ってソールを滑らせることが何よりも大事になります。

フェースを開閉することによってスピンが効きやすいですし、手前から入ってもミスにならなかったり、3打目で勝負できる可能性が高まります。

3打目で勝負できるようになるとパーセーブできる確率が高まります。

そして、スコアを縮めることができるので100切りはおろか一気に90切りも狙えます。

フェースをシャットに使うことは基本です。

フェースをシャットに使うというのはフェースの開閉をできるだけ抑えて腕とクラブで作ったアドレスの3角形を維持したままスイングするということです。

これはアプローチの基本となるスイングですが、多くの方は方向性を気にするあまりにフェースをシャットに使いすぎていると思います。

そして、ボールを上げたい意識が強いので刃が浮いたり、もしくは刺さったりしてソールの特性を使うことなくミスを繰り返している。

アプローチショットでフェースの開閉と言うと手首のローテーションを連想するかもしれませんが、テークバックで手首をこねるのではなくて前腕を回すことにより再現性を高めることが出来ます。

どういうことかと言うと、仮にアドレスで0度とするなら、バックスイングでヘッドが腰の高さにくるあたりで前腕を90度回してフェース面が正面を向く形が理想です。

フェースが正面を向きヘッドのトゥが空を指します。

 

そして、このまま回した前腕を返してボールを打つことで包み込むような自然なフェースターンが入ります。

そうすることによりミスすることなくスピン量も得ることが出来ます。腕のねじれがないとフェースは開けませんし、多くの方はインサイドに引き込んでしまう悪い癖があるのでこの動きを行うことでミスを激減できると思います。

アドレスからその場で前腕を90度回すことにより腰の高さに来たときにはフェースが正面を向く形になっています。

このフェースの開閉ができるようになると安定した3打目を打てるようになるのでグリーン周りでザックリなどのミスを激減させることが出来ますし、アプローチに対しての苦手意識もなくなってくると思います。

 

グリーン回りでざっくりなどミスが怖い方は一度試してみるといいでしょう。

安定した3打目を打てるようになるとまた一つゴルフが楽しくなります。

ドライバーや2打目のアイアンでいくらナイスショットをしても3打目でスコアを崩すことがよく考えられますのでスコアアップのためにこの3打目となるアプローチには時間をかけて練習されることをお勧めします。

それでは今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク