スポンサードリンク

ery5y55rr

 

アプローチでグリーン奥から打つとなるとだいたいライは左足下がりになります。

ショットでグリーンをオーバーしてグリーン奥のラフに突っ込んでしまった場合はよくあるパターンだと思います。

 

「うわ!やっちまった~」

「こんな難しいライからどうやって打ったらいいんだろう?」

なんて思ったことはありませんか?

 

しかもだいたいグリーン奥に突っ込んだらグリーンが受けていることが多いので下りになっています。

左足下がりでグリーンが下りということで難しいライです。

 

でも、フワっと浮かせるボールを打つことができたら寄せることができます。

 

しっかり対処法を知っておくだけであわてることはありません。なのでミスを防ぐために正しい打ち方を知っておくことです。

左足下がりのライでは球の手前の芝が高い位置にあるのでヘッドが球に当たる前に地面をチャックリやってしまいがちです。

またはそれを嫌がってトップしてしまうということもありえますね。

これらを防ぐためにどうしたらいいのか?

僕はアドレスでは球の位置は右足のつま先前に置きフェースを開くようにしてアドレスしています。

球の位置を右にすることによって球にクリーンにコンタクトしやすくなるからです。

球の位置が左に置くと手前の芝でザックリしてしまうので絶対に右に置くようにしましょう。

 

またフェースを開いてそのまま振りぬくことによってバンスが地面ではじかれることなくトップすることもない。

アドレスのときにオープンスタンスにすることにより左足下がりであっても安定する土台を完成させることができるからです。

また、オープンスタンスにすることで手元が通るスペースを確保することができます。

そのため振りぬきやすくなります。

スイング中は体重移動はしません。

上体を回転させるだけです。そして傾斜に沿って振るだけ。

傾斜に沿って振るのでヘッドを低く出すイメージです。

左足下がりの場合は傾斜に沿って左足体重にしますが左肩が下がりすぎないように注意してください。

上体が左へ傾くと突っ込みやすくなるのでミスにつながる可能性があります。

なので左肩が下がらないように気をつけます。

スタンスの幅は狭くしてオープンスタンスに構えることでボールの手前をザックリするミスを防げます。

 

左足下がりの場合はピンの手前の落としどころを明確にして素振りをします。

グリーンが下っていることが多いのでランでどれぐらい転がるかを明確にしながら素振りを行います。

オープンスタンスでも両肩はまっすぐに構えます。

そのためテークバックはまっすぐにひくイメージが大事で、極端にアウトに振り上げないように注意しましょう。

フェースを開いたらピンに向かってまっすぐにヘッドを脱すイメージで振りぬきます。

フェースがフォローで空を向く形になります。

手首を返してしまうとフォローでトゥが空を向いてロフトが立ってしまうのでボールの手前にヘッドが落ちてザックリする原因になるので手首は返しません。よくありがちなミスですが左足下がりは球を上げようとして手先で振ってしまいがちですがこれはNGです。

アドレスで開いたフェースをそのまま開いた状態で手首を返さずに振りぬきます。

そうすることでロフトが立つことがないのでザックリすることはありません。

 

ザックリしたら手首が余計な動きをしている証拠だと思っていいでしょう。

スイング中は体重移動は絶対にしないことです。

上体の回転だけでスイングします。

体重移動をすると左足下がりのライでは上体が傾いてしまうのでザックリのミスにつながります。

なので下半身は固定する。

イメージとしては上体の回転重視です。

そうすることによってインパクトを正確に迎えることができる。

は頭の位置が動いてアドレスから左へずれるとヘッドが鋭角に入ってしまうのでこれも注意したいところです。

 

左への体重移動は行わずにヘッドを低く出すこと。

球を上げたいと思わずに目線を低くとるようにすることが大事で球を上げようとするとすくい打ちになってしまいミスになる。

 

左足下がりのライでアプローチするときにはこれらのポイントをしっかり押さえてスイングしましょう。

ザックリのミスを避けるためにはやはりオープンスタンスでフェースを開いて頭を動かさずに体重移動もせず上体の回転だけで傾斜に沿ってヘッドを低く出していくということで左足下がりのライでのアプローチショットでミスを減らすことができるようになると思います。

上がり系も下がり系もそうですが傾斜に逆らわずに振っていくことを大前提にするとどうやって打てばうまく寄せられるかが見えてきます。

 

あとはグリップはできるだけ短く持って対応することをおすすめします。

グリップを短く持つと振りやすくなるので長く持ってミスが多い場合は短く持つ工夫も取り入れてみたらいいでしょう。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク