スポンサードリンク

890herh34

今回は、砲台グリーンを外してかなり左足上がりの傾斜がきついアプローチショットを打つ時のコツを話していこうと思います。

ピンが見えるか見えないかぐらいの左足上がりの傾斜を想像してください。

 

このようなライでは、キャリーで高いボールを打つ必要があります。

 

また、この場合だとピンの根元が見えていない状態なのでまずはグリーンに行ってグリーンの状態を確認します。

カラーからピンまでの距離は近いのか?遠いのか?

ボールからピンまでの距離感を把握することが大事です。

そして、ボールの落としどころですが砲台グリーンの場合のアプローチショットでは直接ピンをめがけて高いボールで狙っていくぐらいが丁度良いと思います。

 

なのでこの場合は、キャリーを出して止めるアプローチショットを打つと良いと思います。

高いキャリーを出して止まるボールを打つためには、52度と58度の2つのクラブがあるとしたらあなたはどちらを選択しますか?

 

僕の場合は58度を選択します。

高いボールでキャリーを出したいので必然的にロフト角が大きなクラブを選ぶ方が良いと思います。

 

左足上がりの場合は、左サイドの動きがなかなかターンしていかないためにフックになりやすいです。

なので、フックを打たないためのコツとしてアドレスした時に左脇の延長線上にボールを置いて、そのまま直接ピンを狙うようにします。

左脇の延長線上にボールが来るようにアドレスしてストレートにピンを狙っていきます。

アドレスした足は、地球の中心に向かってひざから下の角度と腰の位置を合わせるようにして構えます。

 

よく傾斜に沿ってアドレスするように言われた方も多いかと思いますが、左足上がりの鋭い傾斜の場合、傾斜に沿ってアドレスすると打った後に、後ろ足に体重がかかってバランスを崩しやすくなります。

なので傾斜に沿ってアドレスするのではなく地球の中心に向かって自然に立つことが大事です。

そうすることで自然と左足の方へ体重が乗るアドレスが出来上がります。

 

スイングのコツとしてはフォローで勝負するというよりも、できるだけバックスイングを大きめにあげて膝の角度を変えないで打つのがポイントです。

インパクトのままフォローでも膝の角度をあまり変えないことを意識します。

左足上がりの傾斜の場合はフォローを出そうと意識するとクラブが斜面にぶつかってしまいます。

 

斜面にクラブヘッドが突き刺さりやすく、ざっくりの原因にもなる可能性が高いです。

 

なので、ボールを左脇の延長線上に置いて地球の中心に向かって自然にアドレスしてアドレスした左足の角度をキープしたまま打っていく。

 

そうすることで、キャリーで高いボールを打ちだしていくことが出来るようになります。

 

まとめますと、

  • ボールの位置が左脇の延長線上に置いて直接ピンを狙う
  • アドレスは傾斜なりではなく、地球の中心に向かって左足体重
  • バックスイングは大きめにあげ膝の角度をできるだけ変えないで打つ

左足上がりの急斜面のアプローチが上手く打てないという方はこれらのポイントに注意して練習してみてください。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

repoto
スポンサードリンク