スポンサードリンク

35ddddd5f53e5169f5f2c2e9e9d43fee_s

お世話になります。
ゴルフ侍トシです。

コースをラウンドしていると
番手と番手の中間の距離が残っていたり
またはライによっても打ち上げや打ち下ろしという違いがあり、
距離の微調整をしたいと思うときがあります。

球をカット目に入れて打つとか、もしくは球の高さを変えて打つとか
そういったものはあまり必要がなくて、距離の微調整はクラブを短く持つことによって行うことができます。
「クラブを短く持つ」ということですね。

では、詳しく説明します。

クラブを短く持つことによって長さが短くなる分アドレスのスタンスも狭くなります。

そして、スイングアークも小さくなっていきますし、自然とトップオブスイングもコンパクトに納まります。

そすうることによって、シャフトのしなりが小さくなりますので、その分飛距離が出るわけです。

ほとんどの人がグリップを短く持つことによって、この距離の微調整ができるということを知りませんし、また過小評価というか信じようとしません。
実際に聞いてもやってみるということをしませんの中間距離の打ち分けがいつまでたってもできません。

僕の場合グリップの真ん中あたりを握ることによって、アイアンの飛距離が7~8ヤード落とすことができます。

これでアイアンの番手と番手との間の中途半端な距離もバッチリ対応することができるようになります。

最近のアイアンはあまりターフを取らない

 

最近のアイアンは昔と比較するとかなりロフトが立ってきています。
でもロフトが立ってきているから球が上がりにくいという事もなく、上がりやすいように作られています。
アイアンの低重心化、そして深重心化がすすんでいます。
低重心のアイアンというのはバックフェースが深くえぐられていてその分のヘッド重量をソール部分に回しているのでソールが広いのが特徴ですね。
低重心化によって芯の位置が低くなっています。
なので、上から鋭角に打ち込んでフェースの上の方でインパクトしなくてもボールを芯でとらえていけるようになっています。
そして、高い球を打てるように作られています。
また、ソールが広くても邪魔にならないようにバンス角が小さく作られているものが多いですね。

なので、上から極端に打ち込むなんて意識を持つ必要はないです。
普通にスイングすれば緩やかなダウンブローで薄くて長いターフを取りながら球は飛んで行ってくれます。

深くて大きなターフを取る必要なんてどこにもありません。

緩やかな入射角で球に対してクラブフェースが入ってくることでOKです。
ほとんどターフを取るつもりで打たなくても勝手に薄くて長いターフが取れるようにできています。

なので、アイアンは上から打ち込めという感覚というのは必要ありません。
これはもう古い考え方だという事を認識しなければならないと思います。

ハンドファーストも強すぎはNG

ターフを薄くて長く取っていくスイングというのは、

インパクトの入射角がゆるやかでボールをさらっていくように打っていきます。
なので、インパクトで強すぎるハンドファーストを作るということもあまり必要がなくなってきます。

よくアイアンでは腕とクラブが「く」の字になるように手首の角度をキープしたまま上から打ち込めなどの指導がありますが、
そんなことを考える必要はありません。
極端なハンドファーストのインパクトで鋭角に上から打ち込む形のインパクトを作りたいというのであれば、それはそれでいいですけど
あまりハンドファーストを意識しすぎて逆にフェースが開きやすくなるという事があります。

そして、右肩が突っ込んでいくなどのエラーが発生してしまいます。

なので、インパクトでは少しシャフトが目標方向へ傾いているかな?ぐらいのイメージで問題ありません。
インパクトではハンドファーストをキープされていれば、それほどきついハンドファーストの形を作ろうと考える必要はあまりありません。

 

 

今回は距離のコントロールのために
中間距離を打ち分けるためのクラブの握り方というか、グリップの真ん中を握って短く持つことで打ち分けていくという事をメインにお伝えしてきました。
また、ハンドファーストというのも極端にきつくする必要はないこともお伝えしました。
参考にしていただけたらと思います。
最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させて
当たり前にスコアー80台、70台を出していき周りのゴルファーを圧倒したいという場合は、
そのスイングを作るために詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク