スポンサードリンク

e5899d6453a73593280f34f06f61d508_s

こんばんは。

ゴルフ侍トシです。
福岡の自宅からです。
今日は再現性の高い正しい体打ちスイングを作るために、
【最も球を遠くへ飛ばせるインパクトの形に】についてお伝えします。

バックスイングで腕や手を使わずに、

体の体幹でバックスイングしていくと

クラブというのはトップに向けて「上げる」意識ではなく、「上がっていく」という感覚に変わります。
そして、トップからダウンスイングで腕や手など上体ではなく、
下半身から切り返しダウンスイングしてくると
クラブフェースというのはインパクトで勝手にスクエアに戻ってくれます。

最も球を遠くへ飛ばせるインパクトの形

手打ちの場合はバックスイングで腕や手を使ってクラブを上げていくので

ダウンスイングで下半身から切り返してくると

必ずインパクトでクラブフェースは開いて戻ってきます。

 

そのため、右へスライスしたりプッシュアウトが出ます。

 

なので、無意識にインパクトでフェースを戻そうと手をこねる動きが入ってしまいます。

再現性の高い正しい体打ちスイングというのは
インパクトで腰が45度ほど開いて

 

 

手元が体の近くを通過してインパクトでは自然とハンドファーストでフェースがスクエアに戻ってきます。

 

そして、これがもっとも飛距離が出るインパクトの形になります。

 

あなたがご自分の最大飛距離を出すためには
手打ちを克服して、再現性の高い正しい体打ちスイングを身につけることが必要です。

 

そのためにも、動画でお伝えしていますように
アドレスからバックスイング、ダウンスイング、インパクトと
スローモーションで動いたときに
インパクトでクラブフェースがスクエアに戻ってきているかどうかを確認してみてください。

 

 

バックスイングやダウンスイングのどちらかで腕や手を使ってクラブを上げたり、下したりしている場合は
インパクトで腰が45度ほど開いた形を作るとフェースはスクエアに戻ってきてくれません。

そのため、手元を使いフェースをスクエアに戻そうとする動きが入ってしまいます。
これが球が左右に散らばってしまうリスクの高い手打ちスイングになっている証拠です。

 

なので、今一度このように
バックスイングでは「みぞおち」もしくは「おへそ」を右へ向けるだけ。

ダウンスイングでは下半身から切り返し上半身は何もしない。

 

そして、インパクトを迎えたときに腰は45度ほど開いてクラブフェースがスクエアに戻ってきているかをご確認ください。

 

 

このようにスローモーションでアドレス⇒バックスイング⇒ダウンスイング⇒インパクトと動いてみると

 

スイング中に腕や手というのは全然使わなくてい良いという感覚が分かると思います。

 

そして、これが最も球を遠くへ飛ばせる

再現性の高い正しい体打ちスイングの形です。

 

 

あなたが今まで手を使ってクラブを上げたり、下したりしている場合は

「腕や手って何もしなくていいんだな・・・」ということが

分かっていただけると思いますし、

また、ゴルフスイングというのがとてもシンプルに体の体幹を使ってスイングしているだけなんだというのが分かっていただけると思います。

 

上体は何もせずに下半身からダウンスイングを戻してくると

今までダウンスイングで腕をボール方向へ引っ張って下してきていた場合など、

必ずインパクトでクラブフェースは開いてしまいます。

 

しかし上体は何もせずにトップから下半身から戻してくると

腰が45度ほど開いた形でインパクトを迎えますので
振り遅れているような感じがすると思いますが、

インパクトでクラブフェースはスクエアに戻ってきてくれますので、

これが正しいインパクトだということが分かると思います。

 

そして以前お伝えしましたが

これが上級者が言う、いわゆる「良い振り遅れ」の感覚です。

この良い振り遅れの感覚が「最も球を遠くへ飛ばせる再現性の高い正しい体打ちスイングのインパクト」になります。

 

あなたが、手打ちを克服して、

あらゆるミスショットを克服していくためには

この正しいインパクトの形をぜひ体で体感していただきたいと思います。

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、

周りのゴルファーをスコアーで圧倒したいという場合
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
80台、70台を当たり前に出していけるスイング構築のキモの部分をお伝えしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク