スポンサードリンク

ゴルフのスイングではインパクトではボールを体の正面で捉えるという事をよく聞くかと思います。

 

これに関しては僕は間違ってないと思います。

体の正面で打てと言われてもなかなかできるものではないのも知っています。

どうやれば体の正面でボールをとらえることが出来るのか悩んでいる人も多いでしょう。

 

ボールを体の正面で捉えるために、こちらの記事でも書いています→スライスに悩む人必見!効果的なスライス治療方法。

 

ダウンスイングのスタートでは右肩を止め、それからダウンスイングをスタートすること。

また左ヒザはダウンからアドレスの位置に戻ったらそこから不動。

これにより体の正面でインパクトできる。

 

体の正面でボールをとらえる感覚を身につけることを優先する

ゴルフスイングは一瞬の動作です。

テークバックからトップ、トップからダウンにかけてほんの一瞬。

なので、このダウンスイングをどんなイメージを持って振るのかがポイントとなります。

ここでは左手はへその前に止めるという感覚を知っていただきたい。

 

ダウンスイングで左手をへその前で止める感覚です。

この感覚が身に付くとドローボールが打てるようになります。

打ちだしたボールが右に出て左に曲がって戻る。

この弾道のボールを打てるようになります。

 

僕はゴルフをはじめたころはスライスが止まりませんでした。

コースに出たらスライスを計算に入れて目標の貼るか左を向いて打ちだしていました。

スライス打ちなのでそうすることで打ちだしたボールが右に曲がって戻ってくる計算でした。

スライスはまったく飛距離が出ない。

飛距離不足に悩んだ結果、球筋をスライスからドローに変える必要があると思いました。

たしかにスライス打ちに馴れるとスコアメイクには効果をもたらしてくれることがあります。

飛距離が稼げないためスライスを狙って打てるようになるとOBの確率は下がります。

安全なボールとして使うこともできます。

でも距離があるコースに出るとスライス打ちでは苦しいことに気づくと思います。

だからスライス系からドロー系の球筋に変えようと必死になります。

そして、ドロー系のボールが打てるようになる過程で左手がへその前で止まる感覚が自然と身についていくのです。

手は前に外にではなく、中に後ろに使う

左へ出して右に戻してくるドロー系の球筋を打つにはどういった感覚で打てばいいのかが大事になる。

よく右にボールを出そうと思って手を外に振る傾向になりやすいです。

つまりインサイドアウトに振ろうとすることです。

いつものスイング軌道よりもインパクトからアウトサイドに手を振ってやろうと思ってしまうのです。

でも、このようなイメージで振ると右にとんでもないすっぽ抜けのボールが出て大きく右に曲がっていくドスライスとなる。

これで、多くの人はドロー系ボールの獲得をあきらめスライスと付き合うゴルフ人生をとなる。

でも、スライスをどうしても修正したいと思う人は次は手首を返して無理にボールを捕まえようとする。

そうなると今度は左へのひっかけが出るようになる。

体が開いているのに手を外に使おうとしてさらに手首を返すと思いっきり左に引っ掛けるダックフックが出るのは当然でしょう。

 

こうなってはドロー系ボールの獲得には程遠くなるでしょう。

ドローを獲得しようと思うのであれば、手は外に前に使うのではなく、中に後ろに使う感覚が大事です。

飛ばそうと思うと手元がアドレスの位置よりもインパクトではボール側に寄っていってしまう。

こうなると左脇が空いてクラブフェイスが開いてボールをインパクトしてしまうのでスライスが出る。

つまり手を外に前に使っているというわけです。

そうではなく手元は体から離さずダウンスイングで左手がへその前で止まる感覚で打つとクラブヘッドが左手を追い越してインパクトする感覚が生まれます。

 

そうなるとドロー系のボールが打てるようになるのです。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク