スポンサードリンク

rg444

 

インパクトのグリップのイメージがどうなっているのか考えたことありますか?

前回インパクトでクラブヘッドが4時半の位置を打つ感覚で振る感覚があるとひっかけボールが解消されるとをお話ししました。

だいたいの人はボールのインパクトを3時の方向からとらえようとしています。

でも、ボールの3時の方向からとらえる感覚でスイングすると実際はボールの2時の位置をとらえてしまいがちです。

なぜなら、右手のコックが速くほどけやすくなるので3時の位置をとらえるつもりが2時の位置をとらえる形になってしまうからです。

だから、スライス打ちの人にとってはボールの4時半の位置を打とうと意識することで3時の位置をとらえることができるようになるのです。

 

そしてグリップにおいても実際の形を感覚にズレが生じます。

 

インパクトでのグリップの形のズレとは

 

インパクトでのグリップの形のズレについて知らないとスライス打ちからいつまでたっても脱却することが出来ません。

実際とは違った感覚で扱わないことには正しい結果が出ないことはグリップでも同じことなんですね。

インパクトの時のグリップの形がどうあるべきかを考えてみるといいでしょう。

 

グリップはあなたが思うようにアドレスの位置に戻ってくればいいです。

でもアドレスと同じ形にしようと思って戻して来たら実際はボールを飛ばすグリップの形は戻ってこないのです。

そこでインパクトの時のグリップの位置をどのようにイメージするかですが、普段と同じようにアドレスします。

両方の腕は力を抜いてリラックスした状態を保ちます。

そして、クラブヘッドはその位置から動かさないことです。

 

インパクト時のグリップの位置はオープン気味で正解

 

クラブヘッドの形を変えないまま左腰を左方向へ回すようにして見いてください。

そうすることで左腰に力の入るインパクトの形を作ることが出来るからです。

また、力が入っていない上半身も微妙に動くことになります。

さらに両手も左方向へ動くことになるので右ひじの形が曲がった感じになって力がたまります。

つまりグリップ全体としては開いた形になっているのです。

そして、この形のままインパクトを迎えるような気持ちを持ってみることです。

 

これがグリップのインパクトの時の形のイメージになります。

ドライバーのインパクトではグリップは少し開いてインパクトしていいという感覚がクラブを正しく振り切るためには必要なのです。

だいたいの人はインパクトの時にアドレスと同じグリップの形にしようと思ってスイングしています。

そのためダウンスイングの早い段階から右手に力が入ります。

右手を早く使いすぎてしまうのです。

こうなるとゴルフスイングでクラブを縦に振るという感覚、もしくは形ができません。

そして飛距離に必要とされるタメを作ることもできないのです。

そしてクラブヘッドがアウトサイドから入ってきてインサイドに抜けて行ってしまうのです。

クラブヘッドを戻そうと必死になることでスイングがガタガタになってしまいがちです。

 

というわけで、「インパクトではグリップはオープン気味でOK」

こうすることにより、右手の使いが速まらずに遅らせることが出来るため、右手に余裕をもってスイングすることが出来ます。

そして、ダウンスイングに入ってすぐに右手を使うことがなくなるので自然とタメができるようになるのです。

 

下半身リードのもと力を入れることなくクラブを下してくることが出来るようになると実際にフェイスが開いてインパクトすることがなくなると思います。

 

その結果クラブヘッドが加速されてヘッドスピードが上がりクラブを思い通りのインパクトに向かって走らせることが出来る。

ゴルフスイングでは実際の形を感覚にズレがあることを話しましたが、グリップにおいても実際と感覚にズレがあることを知っておきましょう。

 

まとめると、

  • インパクトでグリップはオープン気味で良い
  • アドレスの形に戻してこようとすると右手を早く使いすぎてしまいタメができない

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク