スポンサードリンク

ダウンスイングで腰のターンでタメを作ってレートヒットするダウンスイングの要となる部分がちゃんとできているのかを確認するにはショートアイアンの球筋をチェックするとある程度のことが分かるようになるのです。

 

例えばですが8番アイアンでマットの上にあるボールを打ってみる。

この時打ったボールがターゲットラインよりも左に飛び出した場合スイング軌道がアウトサイドインのカット軌道になっていると言えるでしょう。

 

なぜならこれは腰のターンでスイングをリードすることが出来ていないからです。

そして結果的に手打ちになっていることが言えます。

手と右肩が前に突っ込んでいる結果としてダウンスイングでボールを手を使ってたたきにいっている証拠でもあります。

手打ちになっているためいわゆる手打ちからまだ脱却できてないことが言えます。

レートヒットができるようになると腰のターンでクラブはターゲットラインよりもインサイドから下りてくるようになります。

そのため打ちだされたボールも右へ。

ターゲットラインの左へ打ちだされることは無いです。

これをショートアイアンでチェックすることは手先でボールを打てるクラブであるからこそそれを腰のターンでリードして打てるようになっていくことで飛ばしのスイングが体に染みついていくのです。

 

自分が打ったボールがターゲットラインよりも右へ飛び出しているかを確認しながら練習してみましょう。

インパクトのイメージは大事です。

 

どんなイメージでインパクトしているのか?

インパクトはコンマ何秒の世界なのでその時の形を作ろうと思っても無理なことだと思います。

また、やるべきことではないと思います。

 

インパクトは無意識の中で行われるものだと思います。

 

大抵の人はインパクトの形があまりにも崩れてしまっている人が多い。

インパクトで伸びあがってしまったり、逆に沈み込んでしまったり、また頭の位置もアドレスとあまりに遠すぎることも。。。

 

良く言われるのがインパクトはアドレスの再現。

でも、僕はそうではないと思います。

 

アドレスと全く同じではない。

 

同じではないからと言って、あまりにもかけ離れているわけでもない。

インパクトはやはりアドレスにかなり近い形になっていることは間違いない。

これは僕の持論です。

 

こんな方法を試してみたらいいでしょう。

クラブヘッドを柱などにつけてアドレスをします。

弧の体勢からクラブヘッドで柱を力強く押してみる。

そうするとウエートが左足に乗って右足は親指の付け根で蹴る感じです。

そうすること腰がアドレスの時よりもややターンして手が若干ですがハンドファーストになっていると思います。

 

つまり結局下半身の動きの中には腰の回転とシフトが入りますけど、上半身の形となると、これはアドレスの形とほとんど変わりません。

肩の向きと頭の位置はアドレスとほとんど変わらない。

 

両腕を締めた感覚や、右ひじのゆとりに関してはアドレスとそう大きく変わりがないことが分かると思います。

なのでアドレスとインパクトが全く別物だと思っていたらスイングを難しくしてしまう。僕の場合はアドレスの体勢からクラブヘッドで柱などを押したときの方ががインパクトのイメージとして持っています。

つまりいくら構えを作りながらインパクトのイメージの体勢を身に着けようと思っても、やっぱり本番でいざボールを前にしたらそんな感覚は吹っ飛んでしまいがちです。

意識はしてないかもしれませんが、ボールを強く腕でたたきに行ってしまうのです。こうなるとインパクトの形がまちまちになってしまいます。

 

なので、どうしてもそのあたりのインパクトのイメージがつかみにくいというのであったら次のような練習をしばらく行ってみるといいでしょう。

 

まず、アドレスの時にインパクトの体勢で構える。

そこからバックスイングをスタートしてボールを打ちに行きます。

この時にただ漠然とボールを打つのではなくて、アドレスの形にイメージを戻すようにするのです。

この時のアドレスの形は最初に作っておいたインパクトの形です。

そして、インパクトのイメージはアドレスの姿勢からヘッドで物を押してやる時の体勢

この時の手、そして手首、腕、肩、腰、ひざ、足の形など体の各部分の形を覚えておきましょう。

 

だいたいでもいいのでどのような形になっているのかを思い出してアドレスすることです。

それからその体勢をインパクトで再現できるようにするだけです。

 

もちろん本番のコースではそのような事は考えずにダウンスイングする分けですが、最初の段階はこのような意識は大事です。アドレスに戻すつもりでスムーズにスイングする事です。

それが出来たらインパクトの形が大きく崩れることは解消できると思います。

上げたクラブをインパクトでほとんどアドレスの位置に戻してきてあげるだけです。

このようにシンプルに考えることによりインパクトのミート率もアップしますし、その分飛距離も野簿ていくのです。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク