スポンサードリンク

インパクトの形がアドレスの再現というのは違うと思います。

でも、インパクトの形がアドレスと極端に違いすぎるのはよくない。

このインパクトの形がイメージできないといけない。

インパクトの形のイメージについてはこちらの記事で説明したとおりです。

 

そして、今回もダウンスイングからインパクトに欠けて大事なことをお話しします。

それはインパクトでの手と体の距離です。

アドレスでは体とグリップの適正な間隔は目安とするとグリップエンドをだいちあ体から約1個分から1個分半ぐらい離すと良いと言われています。

なので僕としてもできるだけボールの近くに立つようには意識しているつもりです。

でも、そういった適正な間隔で構えていても実際のダウンスイングからインパクトにかけての手の位置がアドレスのときよりも体からはるかに離れて行ってしまう人が多いです。

 

ダウンスイングの初期段階もしくは途中から手が前に出てします。

つまり手が飛球線方向へ出てしまうのです。

そうなると手が遠回りすることになります。

遠回りさせて手を下していることになるわけですね。

そうなると当然クラブヘッドはアウトサイドから遠回りして下りてくるようになるのです。

こうなってしまっては手やクラブヘッドを加速させてスイングすることが出来ません。

つまり飛距離をみすみす落としてしまっているようなものです。

手は体の近くを通るのです。

体の近くを通したほうがスイングは適正な軌道になります。

そして、無駄な動きをしにくくなるのでミスショットの確率が下がります。

なので、僕はアドレスで出来るだけボールの近くになった方がいいと思います。

手元を体の近くを通すことが出来てくると、最短距離でクラブを振ることができるようになり最短距離なのでそれだけで早く振れるわけです。

そして、そのほうがクラブヘッドがインパクトで走るので手元が体から離れてしまうという人はアドレスでボールの近くに構えるようにしてみるといいでしょう。

ボールを構えたクラブのヒール寄りに置くといいでしょう。

そうすることにより、手が体から離れたり空振ることを防いでくれるわけです。

スイング軌道も安定するし、ミスヒットの確率を下げるためには手は体の近くを通すことが大事になります。

 

目とボールの距離を変えることなくインパクトする

僕がインパクトからフォローにかけて重要視していること。

それは、ボールをクラブヘッドで打ち抜く瞬間までアドレスの時の目とボールの距離感を変化させないという事です。

一見簡単そうですが、やってみると意外と難しいものです。

大抵の人はこれが出来てないと思います。

 

どうしてもボールに当てたいという願望が強いために、バックスイング、トップ、ダウンスイングの段階でどこか無意識に目をボールに近づけようとする。

そうなると頭を目標方向へ動かして、それと同時に上体が目標方向へ突っ込んでいく。

またはダウンスイングで左足のウエートシフトを意識しすぎてしまうと体と同時に頭も目標方向へ突っ込んでいってしまうのです。

それに伴って右肩が前に出て、飛球線方向にどんどん出ていってしまうので結果的にダウンスイングで軸が左に傾いてしまうわけです。

なのでいずれにしてもダウンスイングで軸がブレてしまっていてはスイングのスムーズな回転運動ができないのです。

 

回転運動がスムーズにできないことによりインパクトからフォローにかけてクラブヘッドをしっかり加速させることが難しくなる。

こうなるとボールに伝えるパワーをロスしてしまうため、飛距離アップはほとんど期待できないでしょう。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

『無料メルマガ』ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

repoto
スポンサードリンク