スポンサードリンク

軸をしっかり持ってスイングするからこそ遠心力が働いて大きなフォローが取れると思います。

軸がぶれると遠心力は働かず大きなフォローも取れない。

遠心力があるからこそヘッドスピードが上がります。

なので、そのためにはインパクトの時にアドレスと同じように目からボールの距離を保つことが大切です。

 

でも、それは単純に頭を動かさないことを意識するだけでは十分ではないです。

もともと頭は目標方向へ動きたがるのです。

意識してなくても頭が目標方向へ動いてしまっている人は多いです。

 

なので、これをちゃんと理解しておきましょう。

 

つまり頭が目標方向へ動いてしまうのを防ぐためにあるポイントを意識してやってみるといいでしょう。

 

それはインパクトで頭を動かさない意識よりもインパクトで一瞬ですが頭を右に動かすぐらいのつもりでいいと思います。

 

それによってちょうどアドレスの目とボールの距離を保つことが出来ると思います。

頭が目標方向へ突っ込んでしまったらアドレスの時の目とボールの距離が変化してしまうので、インパクトでは一瞬頭を右に動かす感覚を持ってクラブを振るといいと思います。

インパクトに関してもう一つ重要な事を話しておきます。

 

インパクトで両目を結ぶラインを飛球線と平行にするということです。

これはアドレスで両目を結んだラインを飛球線と平行にして、それをインパクトでも平行にするということ。

このように意識したらいいと思います。

両目を結んだラインというのは意識してみたらわかると思いますが、スイングに大きな影響を与えます。

例えば、インパクトの時にこの両目を結んだラインが飛球線に対して左を向いてしまうとアウトサイドインの軌道になりやすく逆に右を向いているとインサイドアウトの軌道になりやすくなります。

 

絶対になるというわけではないですが、これによってスイング軌道が変化しやすいと言えると思います。

 

なので、自分の感覚の中で両目を結んだラインがインパクトで左を向いた方がいいのか?もしくは右を向いた方がいいのか?

どちらの傾向が自分にとってイメージ通りの打球が打てるのか?

これによって自分の中で整理してほしいと思います。

 

貴方がイメージした球筋を打てる方を選んだらいいと思います。

でも、インパクトはできるだけアドレスの形に戻すことは大事なのでできるだけ両目を結んだラインがインパクトで飛球線と平行になるようにするのが基本となります。

あまりにもインパクトがアドレスにかけ離れた形になるのはよくありません。

なのでそれを考慮するとできるだけ両目を結んだラインが飛球線と平行になるように意識することが大事だと思います。

 

こうすることによってスイングに対する考え方がシンプルになると思います。

今ボールが左右どちらにも散らばってボールの軌道が安定しないという人はこれを意識して練習してみるといいでしょう。

飛球線に対して両目を結んだラインを平行に保ってスイングすることで僕も球筋が安定するようになりました。

 

もちろんこれはアドレスで構えている段階から意識しておくといいです。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

repoto
スポンサードリンク