スポンサードリンク

今日は祝日ですね。

 

祝日なので外に出たい気持ちはやまやまなんですが、風邪をひいてしまい布団の上で安静にしている今日です。

 

せっかくの休みを台無しに(^^;;

コース回りたかったな〜。

今日はドロー打ちになるためのポイントを話します。

飛距離を効率良く出して飛ばすためにはドロー打ちになる必要があります。

 

女子プロの多くはドロー打ち。

なぜ女子プロは飛ぶのかと言うと真っ先にドロー打ちだからと言う答えをします。

あなたもボールを飛ばしたいならドロー打ちになる必要があります。

 

女子プロのツアー見ていても分かりますが、ほとんどみんなドローで打っています。

 

横峯さくら選手などフェードを打っているのは少人数だけですね。

 

なぜドローの方が良いのかと言うと弾道が低くてランが出るため、ボールが飛ぶというわけですね。

 

そしてドロー打ちのためのコツとして左の頬でボールを見るという方法があります。

 

たいていの人がドローを打てない原因として、インパクトの形に問題があると思います。

 

基本的にバックスイングで右足、ダウンスイングで左足と体重移動が行われるわけですが、インパクトで頭までもが左方向へ動いてしまったらビハインド・ザ・ボールのインパクトができないため振り遅れてしまうからです。

なので、インパクトで体重を左方向へ移しながら頭は右サイドをキープする意識が必要になる。

インパクトで顔が

上がって右の頬でボールを見てしまうとフェースが上を向いてしまうので、ロフト角が増してスピン量が増加するため距離を出すことができません。

 

なので、左の頬でボールを見るような形を意識することにより頭を右サイドへ残すことができます。

 

そして、ボールがつかまるのでドローが打てるようになります。

 

また、ヘッド軌道も重要。

ボールの外側ではなくて内側にヘッドを入れること。

ヘッドが外側から入ってきたらカット打ちになるのでスピン量が増える。

なので当てどころとしてはボールの真ん中ではなくて内側にヘッドが当たるように意識することです。

 

そうすることにより、インサイド・アウトの軌道で振ることができるのでドローを打てます。

また右脇をアドレスの段階からしめることも大事。

右脇を閉めたまま振ることで自然なインサイドからの軌道でボールに当てやすくなります。

 

右脇を閉めて右ひじが体の近くを通過するようにスイングします。逆にに手だけで下ろそうとしたら右脇が空いてしまうため、カット軌道になってしまいます。

 

ドローを打つためのアドレスの仕方はこちら

ドローを打つためのテークバックのポイント

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク