スポンサードリンク

鞭をしならせるようにしてスイングするということを聞いてことがある人は多いのではないでしょうか?

クラブに振られるように振れということを僕も一緒にラウンドしている人に見耳にタコができるぐらい聞かされた経験があります。

実際そのつもりでスイングしていても周りから見たら「どこが?」って思われていることってありがちですよね?

 

ボールを曲げたくないという意識が強いとどうしても当てに行くスイングになりがちです。

 

特にコースで狭いホールになると曲げたくないという意識が強くなりインパクトで合わせに行きたくなる気持ちは分かります。

 

でもこれが逆効果だったりします。

 

合わせに行くことにより逆にボールを曲げてしまうという悪循環に陥りやすいのです。
インパクトを意識することによりクラブヘッドの芯でボールをとらえやすくはなります。
でも、これだとフェースの向きが安定してくれない。

そして、逆に方向が悪くなってしまうのです。

曲げたくないと思うのであれば、目標方向へ打ちぬいていく意識を持つことが大事です。

なのでそのためにはクラブをしっかりフィニッシュまで振り切るという事が必要です。
まずはシャフトが柔らかいひも状のものだという意識を持ち、それをフィニッシュで首に巻きつけるようにスイングしましょう。
シャフトが首回りを一周するぐらいの意識を持ち思い切って振りぬくことが大事。
クラブヘッドをボールに当てに行く意識だと腕力に頼ったスイングになりがちです。

インパクトで手元が先にボール方向へ出てしまうのです。
そうなるとフェースの向きと方向性が安定してくれません。

ヘッドを目標方向に出していくことによりボールにパワーを伝えることが出来ます。
フィニッシュまでしっかりとクラブを振りぬくという意識が必要です。

jwef24wg4
この意識があると飛距離のアップと方向性の改善につながるのです。
なので首の周りを軟らかいシャフトが一周するぐらいのイメージを持ち振りぬきましょう。
柔らかいシャフトがイメージできなければ、鞭をイメージしてもいいでしょう。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク