スポンサードリンク

iohg4y34

 

ゴルフスイングではグリップの重要性が高い。

グリップがしっくりこないと思ったような振りぬきができないし、方向性の安定したボールを打つことも難しい。

クラブの握りはゴルフスイングの8割を占めていると言っても過言ではないと僕は思います。

そこで、グリップの上下感覚がずれていないかということについて話していこうと思います。

グリップでは左右の手のどちらが上にあるのか?あるいはどちらの手が下にあるのか正しく認識する必要があると思います。

右手が左手の下にあるは間違い?

右打ちの場合で話を進めていきます。

グリップした時に右手が左手の下にきます。

アドレスでグリップした時のこの右手が左手の下にあるという感覚でスイングをするとスイングが悪くなることがあります。

グリップの感覚というのは非常に大事だと思います。

ゴルフスイングの始まりはクラブをグリップしてアドレスに入るところから始まります。

スイング前の感覚でこのような感覚の誤った認識があるとその後のスイングに支障をきたします。

実は右手が左手の下にあるという感覚は間違った感覚だと思います。

「右手は左手の下ではなくて上にある」

これが正しいグリップの感覚となります。

グリップは左手を握りその上に右手を乗せる感覚が大事です。

つまり、自分から見た時に右手はいつも左手の上に乗っているというわけです。

グリップエンドに近い部分を左手が握っているから、右手は左手の下という両手の感覚を持っている人がほとんどだと思います。

でも、スイング中は右手は左手の上に乗っているというのが正しいグリップ感覚です。

右手が上左手が下で右肩の突っ込みを修正

アドレス→テークバック→バックスイング→ダウンスイング→インパクト→フォローとゴルフスイングは移行していきますが、

いずれにしても右手hあ左手の上に乗っているということ。

左手の上に右手があるという感覚が必要だと思います。

でも、この感覚が逆で右手が下にあるという間違った感覚があるとスイングに悪影響を及ぼします。

右手が下といった感覚があるとダウンスイングからインパクトにかけて右肩を突っ込ませる悪い動きをさせること繋がります。

インパクトで右手を下に持ってこないといけないと思うので、自然と右肩が突っ込んでくるのです。

こうなるとどうなるのか?

ボディーターンでスイングした時にフェースがスクエアに返ってこなくなる。

そしてフェースが開いたままボールにコンタクトしやすくなるのでスライスが出やすくなります。

しかし、右手が上という感覚の人は右肩を突っ込まないようにしようなどと考える必要はないでしょう。

右肩の突っ込みを意識しなくても右肩は突っ込んでいかないからです。

 

右手が左手の上という感覚があると左手リードでクラブを引っ張ってこれるので自然とフォローも大きくとれるようになると思います。

そして、正しいフォローの位置にクラブが収まってくれるのです。

フォローでは右手がしっかり伸ばされてクラブヘッドが走ります。

そして、体よりもクラブヘッドを先行させてスイングできる形になります。

逆に右手が下にあるという感覚でクラブを振る人はクラブヘッドを走らせることが出来ませんし、クラブヘッドよりも手元が先行してその結果左ひじが引けるスイングになります。

そして、フォローを大きく取ることが出来ずに小さいフォローとなりクラブはインサイドへ抜けていきます。

大きなカッコ良いフォローを意識して練習しても思ったフォローが取れないしクラブが思うところに収まってくれない。

右手が下なのか?右手が上なのか?

正しいのは右手は上。

 

今まで右手が下という感覚で振っていた人はこれを機に右手は上という感覚で振ってみると良いかと思います。

まとめますと、

バックスイングからインパクトを経由してフォローまで右手は左手の上にあるという感覚でグリップする。

そうすることで、右肩の突っ込みを防止することが出来るようになります。

また、クラブフェースが開いてインパクトすることもなくなると思います。

スライスに悩んでいる人は右手が下の感覚で振りやすいので右手は上の感覚で振るように改善してみるといいと思います。

 

100切りどころか一気に90切りを実現したゴルフ理論

↑ ↑ ↑
僕がゴルフを始めて半年でスコア82をマークした理論

repoto
スポンサードリンク