スポンサードリンク

ゴルフスイングで腕の振りがのどのように動いているかを知るために

スイング中に手と腕がどういった動きをするかが分かる練習方法があります。

ゴルフを始めてしばらくするとゴルフ好きの人は自分のスイングがよりよくなるためにどうしたらいいのかを知りたくなることでしょう。

ゴルフのスイングは一瞬です。

一瞬のスイングの中であれこれ考えて練習をすると思いますが、まずは腕と手の正しい使い方を知りたいという人にはこれから話すことは参考になるかと思います。

 

左右どちらも親指と人差し指の4本だけでグリップしてみる

 

ゴルフの練習で普段通りにグリップしてボールを打つと思いますが、

グリップの握りを左右とも親指と人差し指だけで握ってみると腕や手の使い方が明確になっていきます。

まず普段と同じようにグリップして、そこから両方の親指と人差し指だけは離さずに残りの6本の指はクラブから浮かせてみましょう。

それから左手の親指と人差し指を右手と同じ形に持ち替えます。

親指をシャフトにべったりつけている人は手前に親指をひいてきます。

そして、右手と同じように親指と人差し指の先端でグリップを掴む形で握ります。

そして、この右手と左手の親指と人差し指の4本だけで素振りをゆっくり行ってみます。

 

そこで気を付けるポイントとして、

ダウンスイングでは自分のおへそより前(左方向へ)に左手が出て行かないこと。

そうすると右手が左手の上を通過していくのが分かると思います。

 

スイング中に自分の体の正面で両方の腕と手がクラブの回転運動により自然と返されていくことが分かると思います。

左右の親指と人差し指の4本でしかクラブを握っていませんが、クラブヘッドが勢いよく走ってくれるのが分かると思います。

ヘッドが勢いよく走ってくれるようになると腕と手の動きが以前よりも良くなってきている証拠です。

そして、テークバックの時にはシャフトを立てるように引いていく感覚が自然と掴めるようにもなります。

なぜなら、4本指でシャフトを握っているのでそうしないことには上手くテークバックが取れないからです。

 

4本指で握っている感覚を掴んでいくと…

 

クラブをインサイドに引きすぎて飛球線方向へバックスイングができない人でも

この4本指でスイングすることにより飛球線方向へクラブを持ち上げることが出来るようになると思います。

そして、その後のダウンスイングからインパクトへと移る腕の動きやクラブの振り方もわかるようになると思います。

また、フォローにおいてクラブを飛球線方向へ放り投げるような感覚がつかめるようにもなると思います。

この4本指で行う素振りをしているとヘッドスピードを上げるために必要な腕の動きや手の動きが分かるようになりますしまたボールをとらえるインパクトの形もわかってきます。

 

グリップで大事な事として一般的に、左手の中指、薬指、小指の3本に力を入れて握ることがセオリーとされていますが、左手の親指と人差し指に関しての役割というか、正しい論理を聞くことはあまりないかと思います。

一般的にこの左手の親指と人差し指の二つはどうでもよいと言われがちです。

でもこの左手の親指と人差し指もしっかり使わないといけないと思います。

 

そのためにもこの4本指だけでクラブを振ることにより、左手の親指と人差し指を使う感覚を養ったほうがいいと思います。

これまで左手の親指と人差し指に無頓着だった人はこの2本の指の感覚をシャープにしたほうがいいと思います。

そのためにも、4本握りの素振りは効果的であると思います。

 

100切りどころか一気に90切りを実現したゴルフ理論

↑ ↑ ↑
僕がゴルフを始めて半年でスコア82をマークした理論

repoto
スポンサードリンク