スポンサードリンク

 

ゴルフのグリップは基本的に3つがあります。

1、ウィークグリップ
2、スクエアグリップ
3、ストロンググリップ

これらの3つがありますが初心者の方はストロンググリップがお勧めだと思います。

グリップの握り方に関しては、また別の記事で詳しく紹介します。

ここでは、なぜストロンググリップにするのが良いのかについて話して行こうと思います。

ゴルフ初心者の多くはグリップする時にスクエアグリップで握る方が多いです。

ゴルフクラブはドライバーであれ、アイアンであれ、パターであれ全てのクラブシャフトの先にフェイスと呼ばれる部分(ボールを打つ面)が付いています。

ゴルフ初心者の方はこのフェイスを操作してボールを捉える感覚を養うまで練習するのですが、やはりある程度の時間が必要となります。

ゴルフクラブのフェイスを操作するという事ですが、これはフェイスの開閉をしながらボールを捉えるという意味です。

ゴルフクラブのフェイスというのは、アドレスで構えた状態ではボールに対してスクエアな状態です。

そこからテイクバックに移行しバックスイングへと移行して行きます。

バックスイングでトップの位置に腕が上がったときにフェイス面は天井を向きます。
空を向くと言ったほうが伝わりやすいかもしれません。

つまりトップの位置でフェイスは開いた状態になります。

この開いたフェイスをダウンスイングで閉じながら下ろしていき、インパクトの瞬間には再びボールに対してスクエアな状態に戻す必要があります。

そして、インパクト後にはフェイスは更に閉じられながらフォロースルーへと移行して行きます。

このように、フェイスの開閉が正しく行なわれることにより、正しいインパクトでボールを捉える事ができるため、捉えたボールは目標に対して真っ直ぐ飛んでくれます。

しかし、このフェイスの開閉が出来ないことにはボールは目標に対して真っ直ぐ飛んでくれません。

アドレスで構えた位置にフェイスが正しく戻らなければならないのです。

そこでフェイスローテーション(フェイスの開閉)を正しく行ないやすいグリップがストロンググリップになります。

多くの初心者ゴルファーの共通部分として、
アドレスで構えた位置に対してインパクトでフェイスが開いた状態でボールを捉えやすいという現象が起こります。

そのため初心者ゴルファーの多くはスライス打ちであり、特に長いシャフトのクラブ(ドライバーなど)になるとスライスが止まらなくなったりします。

振れども振れども打ち出されたボールは大きく右に曲がり、そのまま右のOBゾーンへ飛んで行きます。(右打ちの場合、左打ちは逆)

フェイスローテーションが上手く出来ない初心者ゴルファーやスライス打ちが治らない人は、まずはグリップから見直す必要があると思います。

ストロンググリップはインパクトで開いたフェイスが閉じて戻りやすいグリップとなります。

そのため、打ち出したボールが右に曲がる初心者ゴルファーやスライス打ちの方にはお勧めのグリップだと思います。

ゴルフスイングは大きく二つに分けると、
手打ちとボディーターン(ヒップターンとも言われる)の二つに分かれます。

手打ちは文字通り、手を使ってクラブを操作する打ち方で、ボディーターンは身体の回転を軸にしてそれにより腕が振られボールを打つ打ち方です。

あなたはどちらのスイングが良いと思いますか?

手打ちの場合、手でクラブを操作するためフェイスローテーションのタイミングがスイングする度に異なりやすく、再現性の高いスイングはなかなか望めないと思います。

一方でボディーターンスイングの場合は身体の回転を軸として、それに連れて腕が振られるため、正しいフェイスローテーションがマスター出来れば再現性の高いスイングとなります。

つまり、手打ちに比べるとショットの安定性が増すということです。

そして、ストロンググリップで握ることにより、手元を意識せずに身体の回転でクラブを振った時に自然とインパクトでフェイスがスクエアに戻りやすいためお勧めのグリップとなります。

ゴルフスイングはグリップの握り方一つで大きく変わります。

あなたも再現性の高いスイングを目指すのであれば、まずはストロンググリップで握ることから始めることをお勧めします。

ちなみに多くのプロゴルファーはストロンググリップを採用しています。

最後に、僕がゴルフを始めてわずか半年でスコア82を出したスイングのキモの部分はメルマガでお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク