スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のために、よろしくお願いいたします。

 
というわけで、今回のテーマは【高いボールと低いボールの打ち分ける方法】についてです。

 

 

目線をボールの落下地点よりも上空に合わせることによって、
右肩がさがって右足に体重が多く乗ります。

 

 

あとはいつもより高くしたティアップに合わせて振りぬくこと。

 

 

こうすることで弾道が高くなります。

 

 

基本的にボールの高低を打ち分けるときはティアップの高さを変えます。

 

 

高いボールを打つ場合は、ボールの赤道がヘッドのクラウンよりも少し上にくるぐらいの高さに設定します。

 

 

このときに、ボールを通常よりも内側にセットしないことです。

 

 

ヘッドがアッパー軌道を描く前にボールをとらえることになりますので、フェース上部に当たって、テンプラが出てしまうからです。

 

 

もっと明確に言うと、通常の位置よりも1センチほどボールを左に置いてますが

あえてボールの位置にはこだわらない方がいいです。

 

 
目線を高いところに合わせることで、自然と右肩が下がります。

 

 

この状態でボールを右に置く人はいませんよね。

 
自動的に左にセットされるわけです。

 

 

目線の違いでボールの位置が変わることを頭の中に入れておきましょう。

 

 

また、ボールの右サイドを見ることでも、肩のラインは右肩が低くなります。

 

 
正しいアドレスさえできてしまったら、あとはいつもどおりにスイングするだけです。

 

 
するとボールは高く上がってくれます。

 
では、高いボールと打つときのポイントをまとめますと、

 

1、ボールの高さは赤道がクラウンよりも少し上

(ティアップを高くしたほうがボールが高く上がりやすいです。このときに、ボールの位置はいつもより1センチほど左になるのが正しい)
2、目線を高くすることで右肩が下がる

(ボールの位置を気にするよりも、目線を高くしたほうが、ボールを通常よりも少し左めにセットすることができる)
3、右肩を下げたままフェースを合わせる

(高い位置を見たことで、体重も右足に多く乗っています。それをくずさずにアドレスに入ります)

 

このように高いボールを打つときには3つのことに注意して狙ってみてください。

 

 

では、次に逆に低いボールを打つ方法についてです。

 

 

低いボールを打つときは肩のラインがほぼ水平

 
低いボールを打ちたいからと言って、はじいめから内側にボールをセットすると、必要以上に内側に入ってしまいます。

 

 
目線を低くした状態からアドレスに入ったら、自然と適正な位置にボールがきます。

 

 
ヘッドのクラウンよりもボールが少し出る程度のティアップにします。

 

 

低いボールを打つ場合には、ティアップの高さを低く強います。

 

 

クラウンからボールの頭が少しでるぐらいにします。

 

 
これを細かく説明すると、ボールの位置は通常より1センチぐらい内側に入りますが、プロはそこに意識はなくて、今度は目線を低くすることによって、自然とボールの位置も決まってくるからです。

 

 

高いボールを狙って打つときには右肩が少し下がりましたが、低いボールを狙って打つときには左肩が下がるわけではないです。

 

 

左肩よりも右肩が軽く下がった状態か、もしくは両肩のライン地面とほぼ平行になるぐらいです。

 

 

低いボールを打ちたいからと言って、ダウンブローに打つ必要はないです。

 

 

ティアップが低くなってボールが少し内側に入ったことによって、自然とフェースの芯よりも少し下の部分でボールをとらえるため、軌道が低くなるのです。

 

 

あくまでもいつもと同じ自分のスイングをするつもりでOKです。

 

 
また、ティアップが低くなっても地面より高い位置にあることは変わりません。

 

 
なので、ボールをとらえやすい状況にあるという事は忘れないでくださいね。

 
それでは、低いボールを打つための方法のまとめです。

 

1、体の軸と肩のラインの関係を変えない

(目線を低くしたことによって体の軸に対して肩のラインは垂直になります。でもそれをキープしたままフェースをボールに合わせます)
2、肩のラインはほぼ水平になる

(目線を低くすると、肩のラインは軽い右肩下がりかほぼ水平になります。このときに、ボールの位置は自然にいつもよりも少しだけ内側に入ります)
3、ティアップは低めに

(ボールがクラウンよりも少し出るぐらいの高さにします)

以上が低いボールを打つ方法になります。

 
あなたが高いボールと低いボールを打ち分けたいという場合、これらのことを実践してみてください。

 
ではでは、今回の内容は以上になります。

 

 

最後にあなたが短期間でゴルフを一気に上達させて、

80台、70台を当たり前に出していけるスイングを作りたいという場合、
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

 

ゴルフ侍トシの最速ゴルフ上達無料メルマガ

 

ゴルフを始めてたったの半年でスコアー82を出した僕のゴルフ上達の方法をメルマガ限定で伝授していますのでお楽しみください。

repoto
スポンサードリンク