スポンサードリンク

左足上がりで体重が右足に残ってインサイドアウトの軌道になりやすいのでボールがひっかかりやすい。

なのでスタンスはあらかじめ右に向けてボールが左に曲がることを想定してアドレスをとるのが基本となります。

 

また、左足上がりのようなライの場合は一番大事になるのが傾斜に対して体のラインをできるだけ平行にするようにアドレスします。

そして傾斜なりに打っていくことがおすすめです。

左足上がりでライに平行に立つこと。

平行に立とうと思ったら必然的に右足に体重がかかることになります。

なので、まずは下半身をどっしりさせて構えて安定したアドレスをとるようにしてください。

そして、重心は真ん中からやや右足にかかるようにします。

具体的には右足の内側あたりに重心を置きます。

そして、スイング軸に関してもそのあたりを意識しておきます。ボールを真ん中にセットして軸が動かないようにクラブを上げていきます。

こうすることによって、テークバックで自然にインサイドにクラブをひきやすくなります。

そして、トップの位置から体重移動はしないこと。

体重移動をすることなくその場で回転するのです。

フォローでは右足がヒールアップしないようにしましょう。

右足をヒールアップさせないためにベタ足のつもりでスイングします。

実際ショットをする前にライの確認でその場で何度かスイングしてから感覚を掴んでショットに入りましょう。

このようなライでは無理にフルショットする必要はありません。

なのでクラブをワンランク上げてコンパクトにショットすることを心がけてみましょう。

 

左足上がりのライで気を付けるべきところで一番重要な部分はや傾斜に負けないように左足で踏ん張って左足体重になってしまうことです。

こうなると、トップのときに左足に体重が乗ってしまうので、ダウンスイングで体が前に突っ込んでしまいます。

そしてクラブが上から鋭角的におりてきてしまう。

そうなるとロフトどおりの距離が打てません。

また、フォローでクラブが抜けなくなることにもなりますのでこれには注意したいですね。

また、ひっかけが気になってそれをしないように意識してクラブを前に出してしまうと左ひじが抜けてしまい、体が泳いだスイングになってしまいます。

大事なのはこのような状況では手先で打つとか無理にボールを上げようなどと考えないことです。

とにかく右足寄りの軸にしてロフト通りにクラブをコンパクトにスイングすることが大事なのです。

上級者の方になりますと、左足上がりのライであえてひっかけないようにオープンスタンスでカットに打ちに行ったりしますが、これはかなり高度な技術になりますので無理に真似しない方がいいと思います。

 

ゴルフは傾斜に対して体をいかに平行に保つアドレスが出来るかがポイントです。

これが何よりも重要になってくると思います。

そのうえで、軸を右足寄りにして軸通りのコンパクトなスイングを心がけることがおすすめです。

軸通りのコンパクトなスイングをすることが出来たら、左足上がりのライでもスムーズな形でスイングすることが出来ます。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

repoto
スポンサードリンク